堅実女子ニュース&まとめ 「ご無沙汰しております」はビジネスで使える?言い換えや英語も紹介

久しく連絡を取っていない相手に『ご無沙汰しております』というあいさつが使われますが、ビジネスにも適した表現なのでしょうか?相手によって言い換えた方がよいケースもあるため、使い方を把握しましょう。英語で似た意味を表せるフレーズも紹介します。

「ご無沙汰しております」はビジネスで使える

久々に連絡をするときに使う『ご無沙汰しております』は、ビジネスシーンでも問題なく活用できる表現です。まずは意味と使える相手を確認しましょう。

コンタクトが途絶えていたことをわびる言葉

『ご無沙汰しております』に含まれる『無沙汰(ぶさた)』は、長い期間連絡や訪問がない様子を表します。コンタクトが取れていない状態が続いたときに、おわびするときに使えるあいさつです。

目安として2~3カ月かそれ以上、連絡をしていない場合に使うのが一般的です。電話や訪問時にはもちろん、メールや手紙でも使えます。

目上の人にも使える謙譲表現

尊敬を示す接頭語の『ご』と『いる』の謙譲語『おる』と丁寧語『ます』を組み合わせた『ご無沙汰しております』は、へりくだって相手への敬意を示す謙譲表現です。目上の人に対しても問題なく使えます。

かしこまった場や、やや距離感のある相手に使っても失礼がありません。「長い間連絡を取れず、申し訳ありません」というニュアンスがあるため、『お久しぶりです』では表せないおわびの気持ちも示せます。

改めて自己紹介を行うと丁寧

ビジネスメールでは冒頭で名乗るのが基本です。すでにやり取りをしたことがある相手であっても、まずは自己紹介を入れます。

特に『ご無沙汰しております』を使うときは数カ月連絡をしていないため、相手に忘れられているかもしれません。自分が何者なのかをはっきり伝え、スムーズに読み進めてもらえる気遣いを心掛けましょう。

久しぶりに連絡する社外の人に送るメールでは、「ご無沙汰しております。〇〇の件でお世話になりました、〇〇株式会社の〇〇と申します」と名乗ってから本題へ移ると親切です。

おわびの言葉やあいさつでワンクッションを置いてから用件を伝えると、丁寧な印象を与えられます。

ビジネスシーンで使い分けたいフレーズ

『ご無沙汰しております』は敬意を示せる表現ですが、状況によっては違うフレーズへ言い換えた方が適切なこともあります。『お世話になっております』や『お久しぶりです』と使い分ける基準もチェックしておきましょう。

取引先には「お世話になっております」

おわびのニュアンスを含む『ご無沙汰しております』を使うと、連絡を怠っていたことを自ら伝えることになります。取引先に対して何カ月もコンタクトを取らないのは、よい状態とはいえません。

実際にしばらくコンタクトがなかったとしても、取引先へのメールでは『ご無沙汰しております』ではなく『お世話になっております』を用いた方が、マイナスイメージを避けられます。

ただし『お世話になっております』には『面倒をみていただき、ありがとうございます』という意味があるため、初めての連絡や訪問時には使えません。

初めての相手に『お世話』を使ってあいさつをするなら、『お世話になります』が適切です。

親しい相手には「お久しぶりです」も使える

取引先や上司など目上の相手であっても、親しい間柄だと『ご無沙汰しております』では堅苦しく感じることがあります。同僚や後輩に対しては、自分を下げる謙譲語なので適切ではありません。

『お久しぶりです』は、目上でもある程度親密な人や目下の相手にも使えるフレーズです。丁寧語のためビジネスで使っても失礼ではなく、適度なカジュアルさも表せます。『会えてうれしいです』という気持ちも表現できる言い回しです。

「ご無沙汰しております」を英語で言うと?

『ご無沙汰しております』を使うときのように、長い間コンタクトが途絶えた場合、英語ではどのような表現を使うのでしょうか?海外のクライアントともやり取りできるよう、ニュアンスが近い表現を覚えておきましょう。

メールでの表現

英文メールでしばらく会っていないことを伝える場合、『It has been a while』の後に一言をプラスします。簡単な挨拶を付け加えるとよいでしょう。

例えば “It has been a while. I hope you are doing well.(お久しぶりです。お元気でしょうか)” という表現があります。

英語のコミュニケーションでは、前置きは簡潔にする方が好まれます。長々と記載するのではなく、端的に伝え本題に移るのがよいでしょう。

会話での表現

英会話で『久しぶり』と伝えるときには、『It’s been a while』や『I haven’t seen you~』を用います。

“It’s been a while. I haven’t seen you in months.(お久しぶりです。数か月ぶりですね)”という言い回しは、ビジネス上の関係でもOKです。

『お元気ですか』『会えてうれしいです』などを続けると、より丁寧な印象を与えられ会話も弾みます。

” It’s been a while. How have you been?(お久しぶりです。お元気ですか?)” といった言い回しです。

“Long time no see.(しばらくぶり)” も会話でよく使われますが、フランクすぎるためビジネスには適していません。

まとめ

『ご無沙汰しております』は敬意を示せる謙譲表現で、目上の相手へも使えるフレーズです。『長い間ご連絡せず申し訳ありません』というおわびの表現として用いられます。

ただし取引先に対しては、そもそもご無沙汰することがよしとされません。久しぶりでも『お世話になっております』と言い換えることがあります。

『ご無沙汰しております』は堅い表現のため、親しい間柄や同僚などには『お久しぶりです』の方が向いているでしょう。

英語で『ご無沙汰しております』を表すには、さまざまな表現があります。相手の状況などに応じて適切なフレーズを使いましょう。英語のメールでは前置きを完結にするのがポイントです。