堅実女子ニュース&まとめ 「ご無沙汰しております」への正しい返事は?丁寧な返し方も解説

長い間連絡が途絶えていた人から『ご無沙汰しております』とメールが届いたとき、どう返信するのがよいのでしょうか?こちらも連絡をしなかったことへの謝罪、相手への気遣いを伝えましょう。『お久しぶりです』との違いについても解説します。

「ご無沙汰しております」とは

『ご無沙汰しております』は『お久しぶりです』とほぼ同義ですが、よりビジネスシーンにふさわしい表現です。言葉の持つ意味と使用するシーンについて確認しましょう。

久しぶりの相手に使う言葉

ご無沙汰の『沙汰(さた)』は便りや知らせのことで、『無沙汰』は『便りがない』という意味です。『ご』は丁寧・尊敬の接頭語で、相手に対する敬意を示します。

『ご無沙汰しております』とは、長い間コンタクトを取っていない相手に使う表現です。

メール、口頭どちらでも使用可能

『ご無沙汰しております』は書面や対面・電話など、さまざまなシーンで使用できます。

長らく会っていない相手と話をするとき、いきなり本題から入るのはやや失礼に当たります。電話や手紙では「ご無沙汰しております」と述べてから、話を始めましょう。

無沙汰をお許しください、という謝罪のニュアンスを含んでおり、相手に好印象を与えます。

『おります』は『いる』の謙譲語『おる』に、丁寧語の『ます』が付いた敬語表現です。謙譲語には自分の立場を低め、相手を持ち上げる働きがあります。日常会話はもちろん、ビジネスシーンでも問題なく使える表現です。

「ご無沙汰しております」への返事

過去にやり取りがあった取引先や、知人からの久々のメールに『ご無沙汰しております』と書かれていたとき、どう返してよいか迷う人も多いのではないでしょうか。返し方の基本を確認しましょう。

「こちらこそご無沙汰しております」

『ご無沙汰しております』には、しばらく連絡を怠っていたことに対して申し訳ない、という気持ちが込められています。相手に連絡をしなかったのはこちらも同じなので、「こちらこそご無沙汰しております」と謝罪を返しましょう。

「こちらこそご無沙汰してしまい、失礼いたしました」「長い間ご連絡をせずに、申し訳ございません」と謝罪の言葉を付け加えるとより丁寧です。

目下の人には「お久しぶりです」でもOK

『お久しぶりです』も、久しくコンタクトがない相手へのあいさつとして使える表現です。『ご無沙汰しております』に比べるとカジュアルな言い回しのため、自分と同格か目下の相手に対して使えます。

丁寧・尊敬の接頭語『お』と丁寧語の『です』から成る丁寧な表現ですが、敬意の程度はそれほど高くありません。

目上の人から「久しぶり、元気だった?」と声をかけられたときは、「こちらこそご無沙汰しております」と返すのが適切です。上司やクライアントに「久しぶりですね」と返すのは礼儀に欠けるでしょう。

また『ご無沙汰しております』には謝罪の気持ちが込められているのに対し、『お久しぶりです』には久々に会えて(連絡できて)うれしいというニュアンスが含まれています。

より丁寧な返事にするコツ

返事は「こちらこそご無沙汰しております」だけでも構いませんが、目上の人やビジネス関連の相手には、気遣いの一言を添えましょう。

相手や自分の近況にも触れる

「こちらこそご無沙汰しております」と返した後、「お変わりありませんでしたか?」「いかがお過ごしでしたか?」と相手の近況を尋ねましょう。

「最近は、〇〇の商品開発に取り組んでいます」「相変わらず元気で過ごしております」など自分の近況も付け加えると、相手も安心するでしょう。

ビジネスで付き合いのある相手であれば、相談ごとやお願いがあってメールをしているのかもしれません。しかし前置きなく本題に入るよりも、最初に近況を報告し合った方がコミュニケーションが円滑に進みます。

早めの返信で相手の気持ちに配慮

1日、2日と返信を延ばしてしまうと「遅れてすみません」というお詫びの言葉も添えなければならないため、返信はできるだけ早めにするのが理想です。

メールをした側には、『突然連絡をして返事が来なかったらどうしよう』『久々のメールに迷惑しているかもしれない』という不安があります。相手に余計な不安を抱かせないためにも、24時間以内の返信を心掛けましょう。

また返信が素早いと、『仕事ができる』『レスポンスが早くて信用できる』という評価にもつながります。

目上の人へは謝罪や気遣いも添えて

『ご無沙汰しております』は自分を低めて相手を立てる謙譲表現のため、本来は目下が目上に対して使う言葉です。もしも目上の相手から言われた場合は、より丁寧な言葉で返しましょう。

こちらから連絡をしなくて申し訳ない、と謝ると同時に感謝の言葉を加えるのがポイントです。

・こちらこそご無沙汰しております。連絡を差し上げず、申し訳ございません。お忙しい中ありがとうございます。

・こちらこそご無沙汰しております。本来ならこちらからご連絡すべきところ、失礼いたしました。

まとめ

『ご無沙汰しております』や『お久しぶりです』という表現は、しばらく会っていなかった人と再会・連絡したときに交わすあいさつです。

本来、目上の人や取引先に対してはこちらから連絡するのがマナーです。相手から先に『ご無沙汰しております』と連絡をしてきた場合は、「こちらから連絡せずに申し訳ない」という気持ちを伝えましょう。

自分の近況を伝えたり相手を気遣う一言を入れたりすると、コミュニケーションがよりスムーズになります。