堅実女子ニュース&まとめ 「ご了承くださいますよう」という表現はどう使う?同じ意味の英語表現も紹介

『ご了承くださいますよう』を使うのは、目上の人に対して失礼に当たるのでしょうか?フレーズの持つ意味や表現できる敬意について理解を深め、適切に使用しましょう。より丁寧に表現する方法や、英語で似たニュアンスを持つ言い回しも紹介します。

「ご了承くださいますよう」とは?

仕事の場で『ご了承くださいますよう』を使いこなすために、まずは意味と基本の言い回しをチェックしましょう。

納得や許容を求める「ご了承ください」

『事情を理解し受け入れる』という意味の『了承』に、接頭語の『ご』・『くれ』の丁寧語『ください』をプラスすると『ご了承ください』となります。相手に対して理解や納得を求める表現です。

『了承』は目上の相手がする行動に対して使う言葉で、こちらが何かを受け入れたとき『了承いたしました』とは使えない点に注意しましょう。

逆に『了承』の類語『承知』は、目上の人の行動に使えません。『承知』は『分かる・知る』の謙譲語で、自分が理解したことを謙遜して表現する言葉です。相手の行動に対して使うのは失礼に当たります。

「ご了承ください」より丁寧な表現

『ご了承ください』は、そのままでも目上の相手に使える尊敬語です。ただし『ください』で終わる言葉は、人によっては強要されたと感じてしまうこともあるでしょう。

そこで『ください』より丁寧な印象のある『お願い申し上げます』につなげるため、『ますよう』をプラスします。「ご了承くださいますようお願い申し上げます」という言い回しは、上司や取引先への表現としても適切です。

この形に含まれる『ください』は『くれ』の丁寧語ではなく、『くれる』の尊敬語『くださる』が変化したものです。

例えば「本日は担当者が不在のため私が対応させていただきますこと、ご了承くださいますようお願い申し上げます」などと使います。理解してほしい事情は、直前に具体的に入れると分かりやすいでしょう。

簡潔に承諾を求めるなら「ご了承願います」

了承を得たいことを簡潔に伝える場合、『ご了承願います』も使えます。丁寧語の『ます』を使った敬語表現ですが、相手を持ち上げるニュアンスは含まれません。

目上の相手に対しては避けた方が無難な表現です。また相手の意向に関わらず『理解してください』と一方的に伝える表現のため、やむを得ない事情があるときの使用にとどめましょう。

「台風により配送に遅れが生じておりますこと、ご了承願います」というように使われます。

より丁寧にお願いする方法

『了承』を使ってより丁寧にお願いするとき、『ください』を使わずに表現する方法もあります。クッション言葉を使うのも、丁寧に伝えるのに役立つ方法です。

「ご了承いただけますようお願い申し上げます」

『ご了承いただけますよう』に使われる『いただく』は『もらう』の謙譲語です。『くださる』を使う『ご了承くださいますよう』より、してもらえることに感謝するという意味合いを強めに持たせられます。

後に『お願い申し上げます』を続ければ、一方的なニュアンスを感じないお願いが可能です。目上の相手やお客様に対しても失礼がありません。

・担当者に確認した後ご返信いたしますので、いましばらくお時間を頂戴いたしますこと、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

・弊社の製品は受注生産のため、お届けまで1カ月ほどかかることをご了承いただけますようお願い申し上げます。

クッション言葉をプラスする

クッション言葉とは、ストレートに表現すると角が立つときに衝撃を和らげる目的で使われるフレーズです。例えば『ご不便をおかけするかと存じますが』『ご迷惑をおかけしますが』などがあります。

・ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
・夏季休業中は対応いたしかねます。ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

このように表現すると、そのまま『ご了承くださいますよう』を使うよりも柔らかな雰囲気で伝えられるのです。

ビジネスで理解や許可を求める英語表現

理解してほしい・許可してほしいとき、英語ではどのようなフレーズを使うのでしょうか?直訳では『ご了承くださいますよう』に当てはまる表現は存在しないため、似た意味合いの表現をチェックしましょう。

理解や確認を求めるフレーズ

“I hope you will understand this.” や “We kindly ask for your understanding.” などの言い回しで、理解を望んでいるという意味を伝えられます。

“Thank you for your understanding in advance.” や “I appreciate your understanding in advance.” もビジネスで使える表現です。『I appreciate』や『Thank you』でしてくれたときへの感謝を伝え、お願いの意味を表します。

『in advance』は『前もって』という意味で、事前に理解してほしい・確認してほしいことがある場合に使えるフレーズです。

『悪しからずご了承ください』に似ているのは “We apologize for the inconvenience.” というフレーズです。ただし『apologize(謝罪する)』は、本当に自分が悪いことをしたときにしか使わない点に注意しましょう。

相手に許可を得たいとき

許可を求める意味合いを英語で表現するときには、下記のように『mind(気にする)』を使ったフレーズを用います。

・Do you mind?(構いませんか?)
・If you don’t mind~(もしよろしければ)

相手が気にしないかどうかを配慮した言い回しです。『will』の過去形『would』を使って、『Would you mind~?(~していただけますか?)』とも表現できます。

過去形は現在と過去の物理的な距離を表すと同時に、心理的な距離も表現できる形です。丁寧な表現には過去形が使われることもあると覚えておきましょう。

まとめ

『ご了承くださいますよう』は相手に理解や納得してほしいときに使います。後に『お願い申し上げます』を続けることで、『ご了承ください』より丁寧に表現できます。

相手に許可を求める・してもらえるとありがたいという意味合いをプラスした、『ご了承いただけますようお願い申し上げます』はより丁寧です。クッション言葉を活用するのもよいでしょう。

また英語には『ご了承くださいますよう』を直接表すフレーズがありません。そこで “I hope you will understand this.” などで理解を求める意味合いを、”Do you mind?” などで許可を求める意味合いを表します。