堅実女子ニュース&まとめ 「お知らせください」を丁寧に伝えるには?代わりに使えるフレーズも

『お知らせください』は連絡や教えを請うときに使う敬語表現です。より丁寧に伝えるには、どのような方法があるのでしょうか?『お知らせください』の意味や使う際の注意点、言い換えに使える類似表現まで紹介します。

「お知らせください」を使う場面、注意点

『お知らせください』は主にどのような場面で用いるフレーズなのでしょうか?使える相手や場面を解説します。

連絡が欲しい、教えてほしいときに使う

『お知らせください』はへりくだって相手を立てる「謙譲語」の敬語表現です。「連絡を下さい」という意味の他、「教えてください」という意味もあります。『〜ください』は補助動詞のため、平仮名で表記するのが通常です。

相手から何か情報を得たいときや連絡が欲しいときは、「何かありましたらお知らせください」と表現します。社外へのメールには、「こちらまでお知らせください」と連絡先も付け加えるのが基本です。

「〜ください」は取引先には使えない

『お知らせください』は正しい敬語ではあるものの、取引先に使うと丁寧さに欠けており失礼と受け取られる可能性があります。

『〜ください』は『〜してほしい』という意味の補助動詞ですが、『くれ』の尊敬語と考える人もいるためです。

『くれ(命令形)』が元であると考えるなら、『ください』にも命令のニュアンスが含まれることになります。目上の相手やお客様への誤解を避けるには、使用しない方が無難でしょう。

「〜ください」を言い換えて丁寧な表現に

目上の相手に対しては、『〜ください』の形を避けるのがベターです。言い換えする際、どのようなフレーズが使えるのでしょうか?

「〜いただけますようお願いいたします」

目上の相手に連絡や教示をお願いするときに適切なのは、「お知らせいただけますようお願いいたします」という表現です。

『お知らせくださいますよう』も丁寧ですが、『もらう』の謙譲語『いただく』を活用することで、へりくだったニュアンスを強く表せます。

・変更が必要な箇所がありましたら、早めにお知らせいただけますようお願いいたします。
・不備やお気づきの点がございましたら、下記連絡先までお知らせいただけますようお願いいたします。

お客様に送るメールでも、失礼なく連絡を促せる言い回しです。

使用を避けた方がよい言い回し

一見丁寧でも、ビジネスシーンでは使用しない方がよい表現もあります。例えば「お知らせいただけますでしょうか」がその一例です。『ます』と『でしょうか』がどちらも丁寧語のため、二重敬語だという見方があります。

『いただける』と『だろうか』という別々の語に対して丁寧語を使っているため、厳密には二重敬語ではありません。しかし二重敬語と捉える人がいる以上、ビジネスシーンでは避けるのが無難です。

「お知らせいただけますと幸いです」は丁寧さの度合いは強いものの、依頼の意図が伝わりにくくなってしまいます。『幸いです』は「〜してくれたらうれしい」というニュアンスを含むからです。必ず実行してほしい依頼には向きません。

『お知らせください』を丁寧に言い換えるなら、「お知らせいただけますようお願いいたします」が適切です。

「お知らせ」の代わりに使える言葉

『お知らせ』と同じ意味合いで用いることができる言葉は、他にも複数あります。シーンや意味合いに合わせて使い分けましょう。

会話でも文章でも使える「ご連絡」

主に書き言葉として使う『お知らせ』に対して、『ご連絡』は会話でも使えます。電話口で言う、「ご連絡をお願いします」「ご連絡をいたします」などの言い回しが代表的です。

相手からの連絡が欲しいときや、伝えたい連絡事項があるときに使用しましょう。例えば目上の相手に返信をお願いしたいときには、「ご連絡をお待ちしております」という言い回しも可能です。

大切なクライアントなどかなり目上の相手に対してはもちろん、社内の上司・関係性の近い取引先の担当者など、幅広い立場の相手に使えます。

電話やメールが欲しいとき「ご一報」

『ご連絡』と同じ意味合いの『ご一報』は、より簡単な連絡を意味します。依頼された相手の負担を軽くでき、気遣いを感じられる表現です。

通常は電話やメールを入れてほしいときに用います。例えば「先日ご依頼された見積もりを添付いたしました。ご確認の後ご一報ください」というように使用可能です。

ただし「できれば連絡が欲しい」という意味合いに解釈されることもあります。柔らかいニュアンスで依頼できますが、期日があるときや確実に実行してほしいときには不向きです。

教えてほしいことがあるなら「ご教示」

知識や方法を教えてほしいと頼むときには『ご教示(きょうじ)』を使います。仕事で使うツールの使い方や日常業務を効率的に進めるポイントなどを教えてほしいときに、『ご教示ください』と使用するのが一般的です。

・新しいフォーマットの使用方法についてご教示ください。
・差し支えない範囲で構いませんので、ご教示いただけますか?
・改善点について、ご教示いただけますと幸いです。

『ご教示』と似た響きの言葉に『ご教授(きょうじゅ)』があります。こちらも同じく教えを請うときに用いますが、学術的な専門知識を教えてほしいときに使う点が『ご教示』との違いです。

不備があるか確認したいときは「ご指摘」

注意が必要なことや自分の欠点などを指し示し、教えてほしいときには『ご指摘』を使いましょう。『ご指摘ください』と表現することで、「何か問題があれば教えてください」と伝えられます。

・打ち合わせ内容を元に資料を作成いたしました。誤りがございましたらご指摘ください。
・至らない点があれば、何卒(なにとぞ)ご指摘いただけますようお願いいたします。

『ご~ください』は代表的な尊敬の敬語表現であり、文法上は問題なく使えます。『ください』を命令形と取られたくなければ、『いただけますよう』を使いましょう。

まとめ

『お知らせください』は、『連絡してください』『教えてください』という意味の言い回しです。敬語表現ではありますが『〜ください』に命令のニュアンスが含まれると考える人もいるため、取引先には使わない方がよいでしょう。

より丁寧に表現するには、「お知らせいただけますようお願いいたします」が適切です。「お知らせいただけますでしょうか」「お知らせいただけますと幸いです」という言い回しもありますが、使用には注意が必要です。

『ご連絡』『ご一報』『ご教示』『ご指摘』などによる言い換えもできます。『お知らせください』を適切に使い、頼み上手を目指しましょう。