堅実女子ニュース&まとめ 「させていただく」をシーンに合わせて言い換えるには?

『させていただく』 は、ビジネスシーンでも日常的に使う人が多い言葉です。しかし多用するとくどい印象を与えてしまうため、使ってもよい場面を覚えておきましょう。『する』『したい』の言い換えに使えるフレーズも紹介します。

「させていただく」の使い方

『させていただく』 はどのようなときに使えるフレーズなのかを確認しましょう。文章での言い回しも紹介します。

相手の許可と恩恵を受ける行為に使う

『させていただく』 は『させてもらう』の謙譲語で、自らの行動に対してへりくだるニュアンスを持ちます。文化庁によると 『させていただく』 を使えるのは、以下の条件を二つとも満たしているときのみです。

・対象となる行為に対し、相手(または第三者)の許可を得ていること
・その行為によって自らが恩恵を受けること

この条件を満たさないのに 『させていただく』 を使うのは、本来誤った用法です。こちらが勝手に行う動作や、特に恩恵を受けるわけではないことに対して使うと違和感があります。

そのため、自分も時間を変更したほうが都合がよく、先方に許可を得たうえで「会議の時間を変更させていただきます」という使い方は適切です。

参考:敬語の指針 P.40|文化庁

文章では「させていただく所存です」もOK

『させていただく所存です』という活用の仕方も、文章では使えます。「所存です」は『思う』『考える』の謙譲語であり、『〜するつもりです』という意味合いのフレーズです。

目上の相手へ自分の考えを述べるときに使えば、あなたの許可を得て〜をしようと思っています、という意思を伝えられます。

また『させていただきたく存じます』も、謙譲語として正しい表現です。二重敬語のように見える言い回しですが、『させていただく』と『思う』の謙譲語『存じる』は別の語なので文法的に問題はありません。

他の言葉に言い換えるべき?

『させていただく』 を使う際には条件があるものの、敬語としては正しい表現です。しかし誤用しやすいフレーズのため、他の言い回しに変えるのが無難でしょう。言い換えた方がよい理由と代わりに使えるフレーズを紹介します。

敬語の重複、さ入れ言葉など注意点が多い

『させていただく』 を使うに当たって、条件以外にも注意が必要な点が多くあります。特に注意したいのが、敬語の重複と『さ入れ言葉』です。

『拝見させていただきます』は使ってしまいがちな言い回しですが、『拝見』自体が謙譲語のため意味が重なっています。同じ種類の敬語を重ねると二重敬語になってしまう場合もあるので、注意しましょう。

『休まさせていただきます』のような『さ入れ言葉』も、ビジネスシーンでは避けなければいけません。正しい表現は『休ませていただきます』です。

ただ『話す』などのサ行変格活用をする動詞では『話させていただきます』が正しいため、混乱する人も多いでしょう。誤用が心配なら他のフレーズを使った方が安心です

許可が必要ないときは「いたします」

相手の許可を取る必要がないときは、シンプルに『いたします』を使うのが適切です。『いたす』は『する』の謙譲語で、自身の動作をへりくだって表現できます。

例えば来客を案内するときは、「会議室にご案内させていただきます」ではなく「ご案内いたします」と伝えるのが適切です。

近年では 『させていただく』 の多用を問題視する声が多く、『させていただく症候群』という言葉もあります。『いたします』をうまく活用し、くどい印象を与えないように気を付けましょう。

「する」「したい」と伝える言い換え表現

言い換え表現をいくつか知っておくと、シーンや相手に合わせて適切な言い回しができます。『する』『したい』ときに使える代表的な敬語表現をチェックしましょう。

親しい人には「構いませんでしょうか」

『構いませんでしょうか』は、『差し支えない』という意味を持つ『構わない』を用いた言い回しです。自分のしたい行動への許可を、相手に求める意味合いがあります。

ただし『構わない』には謙譲語や尊敬語が含まれないため、目上の相手へ強い敬意を表したいときには向いていません。『でしょうか』を付けて丁寧に言い回していても、動詞自体に相手を持ち上げる効果がないのです。

「お宅にお邪魔しても構いませんでしょうか」や「ランチをご一緒しても構いませんでしょうか」など、かしこまらないシーンで使うのが一般的です。

より丁寧な「よろしいでしょうか」

ビジネスシーンでの行動に対して伺いを立てたいときは、より丁寧な『よろしいでしょうか』を使いましょう。許可を求めるシーンの他に、間違いがないか確認する場面でも使う言葉です。

・来週の木曜日に休暇を取ってもよろしいでしょうか?(許可を求める)
・この度のお問い合わせは、こちらのサービスについての件でよろしいでしょうか?(間違いがないかの確認)

上司はもちろん、取引先やお客様など社外の人に使っても失礼がありません。

クッション言葉に「したく存じます」を続ける

『〜したく存じます』に、相手への配慮を示すクッション言葉を合わせる使い方もあります。『存ずる』は『思う』の謙譲語なので、『〜したく存じます』は『させていただく所存です』と同じ意味合いです。

組み合わせて使えるクッション言葉には、『差し支えなければ』『大変恐縮ではございますが』『ご多忙とは存じますが』などがあります。

・差し支えなければ、今後のご連絡先を確認したく存じます。
・大変恐縮ではございますが、ご出席をお願いしたく存じます。
・ご多忙とは存じますが、打ち合わせのお時間を頂きたく存じます。

前に一言プラスするだけで、相手への配慮が感じられるやり取りになるでしょう。

まとめ

『させていただく』は相手の許可と、許可を得た行為による恩恵があるときに使える言葉です。二つの条件を満たさないときには、基本的に使えません。二重表現や『さ入れ言葉』になりやすい点にも注意しましょう。

正しく使えているか迷いがあるなら、言い換えるのが無難です。許可が不要な行動には『いたします』、丁寧に伺いを立てたい場合は『よろしいでしょうか』など、場面に合わせて使えるフレーズが役立ちます。