堅実女子ニュース&まとめ いつ、どこで、なぜ借りた?気になるみんなの借金事情

なかなか人に聞けないお金の悩み。中でも「借金」に関しては仲の良い友達でも相談しにくいところ。そこで今回のテーマは気になる他人の借金事情。みんないつ、どこで、誰からお金を借りてるの? さっそく借金経験者の話をまとめてみました。 

借金の理由1位、約3割が「生活費の工面」だった

株式会社ビズヒッツが社会人になってからお金を借りた経験がある500人を対象に行った調査によると、お金を借りた理由で最も多かったのは「生活費の工面」で28.6%。次いで「住宅・車の購入やリフォーム」が20.2%でした。3位以下は、買い物、遊興費、交際費、引っ越し…などが入りました。中には「投資のため」という人もいるようです。

女性が少ない借金の理由は「ギャンブル」(4人)と「投資」(3人)

1位の「生活費の工面」で借金をした人に具体的な内容を尋ねたところ、「ひとり暮らしをしていて家賃が足りなくなった」(男性、26歳の時)、「海外留学を終えて全くお金がない状態で帰国したため当面の生活費が必要だった」(女性、29歳の時)という意見が。中には「失業した」「親からの仕送りがとまった」「ギャンブルにはまって、3日で給料を使い切った」という人もいました。

2位の「住宅・車の購入やリフォーム」については、ローンで借りた人のほか、「頭金を親に借りた」「一括で買いたかったから、不足分を借りた」という人も。

8位の「クレジットカードの支払い」については、 「クレジットカードの使い過ぎで払えなくなったので借りた」(男性、24歳のとき) というパターンの人が多い様子。ついつい使いすぎてしまったという経験は誰にでもありますよね。

10位の「投資のため」は、FXや株、不動産投資などの資金として借りた人が多く、回答した16人全員が借入額10万円以上と判明。ちなみに不動産投資用の資金を借りた人では1千万円や2千万円もの大金を借りていました。

では借金をしたのはいつ、どこで、いくら借りたのでしょう。

日々ちょっとした買い物の積み重ねで資金不足になるケースも…
1 2