堅実女子ニュース&まとめ 「おいでください」の使い方や言い換え表現とは?

『おいでください』は相手に来訪を促すときに使う敬語表現です。来てほしいことを敬語で表すには、他にどのようなフレーズが使えるのでしょうか?

「来てください」はどんな時に使う?

相手に自分の元へ足を運んでもらいたいとき、敬語ではどのように表現するのでしょうか?日常会話とビジネスシーンでは、求められる丁寧さが異なる点に注意が必要です。

「来てください」は日常会話で

日常会話で来てほしいことを伝えるとき、『来てください』がよく使われます。丁寧語の『ください』を使用した正しい敬語表現です。ビジネスシーンでも、同僚や後輩・近しい間柄の先輩であれば、使っても問題ありません。

ただし尊敬語や謙譲語は含まれていないため、目上の相手を立てる言葉ではありません。また「絶対に来てほしい」というニュアンスがあり、命令されているような印象を受ける人もいます。

『来てください』は敬語表現ではあるものの、ビジネスシーンではある程度フランクに話せる関係性の相手に使うようにするといいでしょう。

ビジネスではより丁寧な表現が必要

目上の相手とのコミュニケーションも多い仕事の場では、『来てください』では十分な敬意を表現できない場面がしばしばあるでしょう。基本的にビジネスシーンでは、『来てください』より丁寧な言い回しが適切です。

また「来てほしい」と頼むときには、相手の状況に配慮する言い方を心掛ける必要があります。本題に入る前に一言「クッション言葉」を添えると、印象がグッと柔らかくなります。

足を運んでほしいときに使えるクッション言葉としては、『ご足労をおかけしますが』『恐縮ですが』『こちらの都合で恐れ入りますが』などが代表的です。

「来てください」はどのように言い換える?

『来てください』を丁寧に言い換える表現には、『おいでください』や『いらしてください』があります。

「おいでください」は目上の人に使える

『おいでください』は『来てください』よりも丁寧な敬語表現です。『行く』や『来る』の尊敬語『おいで』と、行動を促す『ください』から成り立っています。

尊敬語は、上司や取引先など目上の相手に対して問題なく使える表現です。

しかし『おいで』には『行く』『来る』の他に『居る』の意味もあり、状況によってはどの意味で言われているのか、分からなくなってしまう恐れもあります。

「いらしてください」もOK

『いらしてください』も、目上の相手に使える表現です。『いらっしゃってください』を発音しやすいよう略した言葉といわれています。

元になっている『いらっしゃる』は『行く』や『いる』の尊敬語でもあるため、『来る』の意味で『いらしてください』を用いのるは誤用だとする考え方もあります。

しかし一般的に『いらしてください』は『来てください』の意味で使われるため、来訪を促す際に使っても問題はありません。『行く』の尊敬語として使うときは、『お出かけください』を用いれば行き違いを避けられます。

「おいでください」を言い換える敬語表現

『おいでください』は目上の人にも使える丁寧な言葉ですが、状況によっては『おいで』が『行く』『居る』の意味として捉えられてしまうこともあります。どのようなフレーズで言い換えできるのでしょうか?

「お越しいただけますか」

『お越しいただけますか』も『おいでください』同様、目上の相手に失礼なく使えます。『お越しください』だけでも十分敬意は伝わりますが、やや強制的なニュアンスもあり相手によっては注意が必要です。

失礼と取られるのが心配なら、より丁寧な『お越しいただけますか』を使うのが無難でしょう。『お越しくださいますか』という表現もOKです。

しかし「お越しいただければと思います」という表現は好ましくありません。『〜れば』は条件表現であり、「来てくれるのならお会いできます」という意味として受け取られてしまう可能性があるからです。

「お越しいただけますようお願いいたします」

丁重な表現がふさわしい場面には、『お越しいただけますようお願いいたします』が適切です。『〜ますよう』は『〜してくれるよう』という意味で、断定的なニュアンスを避け表現を柔らかくする働きを持ちます。

『お越しいただけますか』より丁寧な言い回しのため、お客様や大切なクライアントへのメールにも適しています。セミナーや説明会、イベントなどを開催するときの案内メールに使うのも一般的です。

・次回のテーマは〇〇です。13時までにお越しいただけますようお願いいたします。
・〇月〇日にセミナーを開催いたします。ぜひお越しいただけますようお願いいたします。

「ご来社いただけますか」

相手に来てほしい場所が会社であれば、『ご来社いただけますか』も使えます。シンプルながらも相手への敬意が十分伝わる表現です。

より丁寧にするため『ご来社いただけますでしょうか』を使う人も多いでしょう。しかし『いただけますでしょうか』は二重敬語と見なされる場合があるため、シンプルに『いただけますか』とするのがベターです。

『ますでしょうか』の形は一般的に二重敬語と認識されていますが、『お願いできますでしょうか』は広く使われており敬語として許容されています。

「お待ち申し上げております」

「来てほしい」という要求をストレートに伝えるのではなく、「待っている」と表現を使う方法もあります。『お待ちしています』は『待っています』の敬語表現です。「待っているので来てください」と暗に伝えています。

より丁寧に表現したい場合は、 『待っています』にさらに敬意を込めた 『お待ち申し上げております』を使いましょう。

二重敬語と感じる人もいるかもしれませんが、安心して使える正しい表現です。ただしかしこまった敬語のため、相手との距離が近い場合は『お待ちしております』の方が自然でしょう。

使ってしまいがちな間違いフレーズ

来てほしいことを伝えるとき、しばしば間違った敬語が使われます。ビジネスシーンでの印象をよくするためにも、よくある誤用をチェックしておきましょう。

「お見えになられてください」

『お見えになる』は『来る』の尊敬語です。十分な敬意を示せるフレーズのため、そのまま使用しましょう。敬語を重ねて『お見えになられる』とするのは二重敬語に当たります。

『お〜なられる』も尊敬表現のため、一つの語に同じ種類の敬語が複数入ることになります。『お見えになる』自体が尊敬語だと理解していれば、起こりにくい間違いです。

「ご足労ください」

『ご足労ください』も、来てほしいときに使ってしまいがちな間違い敬語の一つです。状況や相手によっては強制されたと感じることもあるでしょう。『ご足労願えますか』も同様です。

『ご足労』は「自分が出向くべきところを来ていただき、申し訳ありません」というニュアンスを込めて使われます。来てほしいと依頼する立場では使えません。

『ご足労』は足を運んでもらった後に、相手へのねぎらいに使うのが基本です。こちらから相手に『ご足労』を要求しないように注意しましょう。

まとめ

『おいでください』は『来てください』を丁寧にした言い方です。『お越しいただけますか』『ご来社いただけますか』『お待ち申し上げております』といったフレーズへの言い換えも可能です。

来てほしいと依頼するシーンでは、相手への敬意を十分に表しつつ、失礼に当たらない言い回しを意識しましょう。