堅実女子ニュース&まとめ 「ご査収ください」の言葉が役立つ場面、言い換えた例文をまとめて紹介

『ご査収ください』は、相手に確認してもらいたい資料があるときなどに使います。役立つ場面や、シーン別の例文などを紹介します。送るものや状況によって、『ご査収』を別の言葉に言い換えた方がよい場合もあるので、確認しましょう。

「ご査収」が使えるシーンとは?

『ご査収』は仕事の場でよく耳にする言葉です。具体的にはどのような場面で使うのでしょうか?使い方のコツと併せて確認しましょう。

確認してほしい資料などを送るときに活用

『ご査収』というフレーズを使うのは、相手にチェックしてもらう必要のある資料などを送るときです。よく目を通して理解してもらいたい資料や、内容に誤りがないかチェックしてほしい書類などに対して使います。

チェックすべきファイルのないメールやただの手紙などには、『ご査収』を使えない点に注意が必要です。また『ご査収』は「文語体」と呼ばれる書き言葉で、会話では使われません。

「のほど」を使うと柔らかい印象に

『ご査収ください』はシンプルながら正しい敬語ですが、『ください』のニュアンスから、きつい印象を与えてしまう場合があります。

「〜してくれるよう」という意味を含む『のほど』を続けて「ご査収のほどよろしくお願いいたします」とすれば、断定的なニュアンスを避けられます。

同じ『よろしくお願いします』を使った言い回しでも、『のほど』を使わずに「ご査収よろしくお願いします」とすると、なかには冷たいと感じる人もいるでしょう。

『のほど』を付けることで柔らかい表現になることを覚えておくと便利です。

「ください」を使わない改まった表現

相手に確認を促すとき、『ください』を使うとやや強制的に感じられてしまうこともあります。目上の相手に対してお願いしたいときは、より丁寧な言い回しを心掛けましょう。

取引先の人やかしこまったシーンでは、「ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」がおすすめです。「ご査収のほどよろしくお願いいたします」と比べ、より改まった表現となります。

ビジネスではどのように使われるの?

相手にチェックしてもらいたい資料や書類を送付する際に使われる『ご査収』は、メールや文書を作る際に役立ちます。例文ごと覚えて適切に使いましょう。

メールでよく使われる例文

ファイルや資料を添付するメールの文面に『ご査収』を使う場合は、「何を確認してほしいのか」の一言も付け加えましょう。

・先日お話しした企画書を添付しております。ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
・ご依頼の資料を添付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。

メールを受け取る相手からすると、『ご査収』と本文に記載されていることで、何か添付ファイルがあると分かります。

『ご査収』が使われているにもかかわらず添付ファイルが見当たらない場合には、必要なファイルがないことにも気付いてもらえるでしょう。

書類を送るときの送付状に使える例文

確認してもらいたい書類を郵送する際は、送付状の「同封書類一覧」の直前に『ご査収』を使った文言を記載しましょう。

・書類を送付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。

書類を確認した後に何かしらのアクションを取ってもらいたい場合は、『ご査収の上~』と続けられます。

・ご査収の上、修正が必要な箇所がありましたらご指摘のほどよろしくお願い申し上げます。
・下記の書類をご査収の上、必要事項を記入しご返送いただけますようお願い申し上げます。

「ご査収」より適した言葉を使うシーンとは

見てほしいものを送る場合でも、送るものや相手に取ってほしい行動によっては、『ご査収』以外の言葉を使う方がいい場合もあります。具体的にどのようなシーンでしょうか?

営業でカタログを送る場合

営業用のカタログやサンプルに『ご査収』を使うと、差し出がましい印象を与えてしまいます。「内容を確認し、収める」という意味の『ご査収』を使えるのは、相手にとっても重要な内容に限定されます。

届いたカタログやサンプルを見るかどうかは相手にゆだねられるため、『ご査収』より『ご笑納(しょうのう)ください』や『お時間のあるときにご覧ください』の方が適切です。

納品が注文通りかを確認してほしい場合

送った内容を確認し収めてほしいという内容は同じでも、品物やサービスを納品したときには『ご査収』を使いません。代わりに使うのが『ご検収』です。

『検収』には、「数量や品物の状態に不備がないか調べ、受け取る」という意味があります。送ったのが資料であれば『ご査収』を、商品などであれば『ご検収』を使いましょう。

まとめ

資料の内容を確認し収めるという意味の『ご査収』は、ファイルを添付したメールや送付状に利用できます。

『ご査収ください』は正しい敬語ではあるものの、『ご査収のほどよろしくお願い申し上げます』の方が丁寧な印象になります。

よりかしこまった表現にする場合は、『ご査収いただけますようお願い申し上げます』とするとよいでしょう。

相手に何か送る場合でも、『ご査収』が適さないケースもあります。送るものや状況に合わせて適切に使い分けましょう。