堅実女子ニュース&まとめ 一緒に宇宙旅行を楽しみたい有名人ランキング、男性が選ぶ1位は新垣結衣、女性が選ぶ1位は?

 4月12日は「世界宇宙飛行の日」。2011年国際連合総会が制定したこの日は、1961年4月12日にユーリ・ガガーリンが搭乗した世界初の有人宇宙衛星船「ヴォストーク1号」が打ち上げられたことを記念して作られたもの。ユーリ・ガガーリンと言えば、「地球は青かった」のコメントでも有名ですよね。

そんな宇宙ファンなら興奮しそうな記念すべき日ですが、実は日本ではあまり知られていないのが現状。スカパーJSAT株式会社が全国の15歳~69歳の男女1000名を対象に行った「宇宙に関する意識調査」によると、「世界宇宙飛行の日」を知っている人は全体のわずか4%でした。

ではみんな宇宙にはそんなに興味がないのでしょうか? 実は他のアンケートによると、宇宙に関心がある人は約6割もいることが判明。宇宙旅行に行ってみたいと思っている人は4割もいることがわかったのです。

そこで今回は、「世界宇宙飛行の日」を前に、みんなの宇宙に関する思いをまとめてみました。

宇宙に関心がある人59%、宇宙に行ってみたい人41%

アンケートによると「宇宙に関心がある」という人の割合は58.9%。男女・世代別にみると、圧倒的に男性の方が関心がある人が多いことが明らかになりました。特に50代以上の男性は7割以上が「関心がある」と答えていることが判明。また「宇宙に行ってみたいか」と尋ねたところ、行ってみたい人は全体の41.3%。こちらは10代、20代の男女と、50代の男性が特に興味を持っていていることがわかりました。

以下、宇宙に関するアンケートをまとめてみると…

■宇宙に関するアンケート■

1:宇宙に関心がある人の割合…全体:58.9%

最も多かった世代は、60代男性で77.1%、次いで50代男性が74.7%、40代男性が65.5%という結果に。

2:いつか宇宙に行ってみたいと思う人の割合 … 全体:41.3%

男女・世代別に見ると、男女ともに10代は50%を超え、20代は50%程度いることが明らかに。宇宙には関心があるが実際に行くとなると躊躇ってしまうのが年配者。逆に若い世代は、宇宙への憧れの延長に宇宙旅行があると考えている人が多いことがわかりました。

3:宇宙人はいると思う人の割合 … 全体:69.6%

広い宇宙のどこかに宇宙人がいるのでは?と考えている人は意外と多く7割程度。特に40代男性(82.1%)と60代男性(85.5%)に多いようです。

4:子供の頃に宇宙飛行士に憧れた人の割合…全体:13.1%

子供の頃の夢として憧れていた人は意外と少なく13.1%。ちなみに男女・世代別にみると、憧れた人の割合は、20代男性が最も多く22.9%。全体的に男性の方が憧れが強いことがわかりました。

5:宇宙に関連した仕事をしてみたい人の割合… 全体:19.1%

宇宙関連の仕事に興味がある人を男女・世代別にみてみると、してみたい人の割合は、40代男性(29.8%)が最も多く、次いで30代男性(27.4%)、50代男性(25.3%)と続きました。やはりこれも男性の方が多い傾向があるようです。

6:宇宙ビジネスは将来有望だと思う人の割合… 全体:59.5%

宇宙ビジネスが有望だと思う人の割合を男女・世代別に見てみると、60代男性(78.3%)が最多。次いで、50代男性(69.9%)、10代女性(66.3%)と続きました。

以上のアンケートを通してみてみると、宇宙への興味や関心は全体的に男性の方が強く、若い世代や50代以降の男性に多いことがわかります。仕事や家庭、育児などが一番大変な30~40代は、今の生活に追われて、正直宇宙への憧れる気持ちを忘れている人が多いのかも。宇宙開発や宇宙旅行についてはまだまだ遠い夢と感じている人が多いようです。

では宇宙をより身近にしている映画と言えば何を思い浮かべるのでしょう。実際に宇宙旅行に行くとしたら、誰と一緒に行きたいのでしょう。

宇宙で見てみたいもの、1位「地球」、2位「銀河」、3位「月」という結果に。
1 2