堅実女子ニュース&まとめ テレワークで1年目を過ごした新入社員の約7割が「満足」している理由とは?

4月から新入社員を迎えた職場も多いのではないでしょうか。テレワークを続けていて、コミュニケーションのとり方に試行錯誤している組織も少なくないでしょう。

そんな人たちに参考にしてもらいたいのが、2020年度にテレワークで1年目で過ごした新入社員がどう感じているか。今回は、株式会社O:が実施した「テレワーク下の新卒オンボーディング・新人研修の概況調査(2020年度版)」の結果の一部を見ていきましょう。

テレワークで1年目を過ごした新入社員の約7割が「満足」

昨年は新型コロナウイルスの影響でテレワークが普及し、初めての試みがたくさんあった一年でした。会社全体が慣れないことを行なっている中で入社してきた新人たちはどのように感じたのでしょうか。

本調査によると、全体の約7割がテレワークを伴う新人研修を肯定的に評価していたそう。

(株式会社O:調べ)

メリットとして挙げられたのは、通勤コストの削減(61.7%)や新型コロナウイルス感染対策(61.0%)、睡眠時間の増加(38.1%)、体力的負担の軽減(36.1%)の順でした。ワークライフバランス維持の観点の回答が上位を占めていることがわかります。

一方でデメリットとして挙げられたのは、同僚とのコミュニケーション不足(62.7%)、同僚以外とのコミュニケーション不足(51.3%)が上位にランクイン。やはり、コミュニケーション不足に悩む人が多いようですね。

では、どのくらいの頻度で、コミュニケーションをとっていたのでしょうか。新入社員にとって、職場で一番頼りになる上司とのコミュニケーションについて、見ていきましょう。

1 2