堅実女子ニュース&まとめ 「あなたは今、幸せですか?」コロナ禍の前後でみんなの幸福度はどう変わった?

「あなたは今、幸せですか?」

突然そんなことを聞かれたらよからぬ勧誘かと警戒する人もいそうですが、その問いに堅実女子の皆さんはどう答えるでしょうか?終わりがみえない新型コロナウイルスの感染拡大と、それに伴うさまざまな制約。そして自分を含めた大切な人が感染してしまうかもしれない、そして時には命を落としてしまうかもしれない。そんな今の世の中、皆さんは今、幸せですか?

コロナ禍でも7割以上の人はなんだかんだ幸せを実感している

株式会社フェリシモでは2021年とコロナ禍以前それぞれ「あなたは今、しあわせですか?」と問いかけるアンケート調査を実施しています。まずは一都三県の緊急事態宣言解除が発表され、解除後は早くも感染拡大の兆しがみえていた2021年の3月19日から3月31日に実施した調査結果をご覧ください。

コロナ禍でも「しあわせではない」と回答した人はごくわずかでした。

半数以上を占めたのは「まあまあしあわせ」(56%)で、それに続くのは「かなりしあわせ」(19%)。程度の差はありますが、合計すると75%の人が幸せを実感していることが分かりました。では幸せを実感している人は、どのような理由でそう回答したのでしょうか?同調査に寄せられた自由回答をいくつかご紹介します。

「来年、還暦です。月並みですが人生山あり谷ありですが何時も今が1番幸せと思っています。過去に囚われず未来を怖れず今を楽しむ。です」(「かなりしあわせ」と回答)

「ストレスもかなりありますが、コロナ禍でも家族がそれぞれ何とか好きなことをして暮らせているのは、幸せなことだと思っています」 (「まあまあしあわせ」と回答)

「不満はあるけど、いまさら、言ってもしかたがない。現状で満足するようにしている」 (「まあまあしあわせ」と回答)

1 2