堅実女子ニュース&まとめ 「聖火リレー」や「海外からの観客」を英語で表現すると?オリンピックに関する英語フレーズをチェック

2021年7月21日から競技開催が予定されている「東京オリンピック」。辞退者が多く出たことで話題となった聖火リレーも、順調に人から人へと受け渡されています。

世界中に広がる新型コロナウィルスの感染により、これまでのオリンピックとは異なる側面の多い東京オリンピック。今回は、聖火リレーや開会式など、オリンピックにまつわる英語フレーズをご紹介します。

聖火リレーは、英語でなんという?

聖火リレー・無観客・開会式など、オリンピックにまつわる英語フレーズをチェック!

英語では「Olympic Torch Relay」と表現される、聖火リレー。2020年東京オリンピックの公式サイトによると、“聖火リレーとは、ギリシャ・オリンピアの太陽光で採火された炎を、ギリシャ国内と開催国内でリレーによって開会式までつなげるもの”とあります。たくさんの人々の手を介して届けられた聖火は、開会式で最終ランナーにより聖火台に点火され、大会が終わるまで灯されます。

本来であれば聖火を運ぶ聖火ランナーに選ばれることは名誉であり、喜ばしいもの。ところが、今回の東京オリンピックにおいては辞退者が90人を超えました。多くは「延期によってスケジュールの都合がつかなくなった」「新型コロナウィルスの感染拡大を懸念した」という理由でしたが、なかには会長を辞退した森喜朗氏による女性蔑視発言を理由とするものもありました。

「無観客」は、英語でなんという?

新型コロナウィルス感染拡大の観点から、東京オリンピックにおいては海外からの観客は受け入れないことが決定しています。

海外からの観客は、英語で「overseas spectators」。コロナ禍により多くのスポーツで取り入れられた「無観客」は英語で「No spectators」となり、今回のオリンピックのように「海外からの観客はなし」と表現する場合には、「no overseas spectators」や「without overseas spectators」と表現できます。

1 2