堅実女子ニュース&まとめ 「ご参照」の使い方は?目上の人への伝え方、言い換えなど解説

『ご参照』はビジネスシーンにおいて活用頻度の高い表現です。どのような文章を続けると適切なのか、また、より丁寧な言い回しについても解説します。

「ご参照」の意味と敬語

『ご参照』という表現を使う際、どのような言葉や文章をつなげるべきか迷う人もいるようです。 『ご参照』 の意味とともに、丁寧な表現の仕方も確認しましょう。

他の情報を照らし合わせて参考にすること

『ご参照』は他の情報を照らし合わせて参考にすること、引き比べるために確認することを意味する言葉です。文中に含まれている『参』『照』は、どちらも『照らし合わせる』という意味を持ちます。

既に得た情報や知識の場合でも、とらえ違いがあったり誤認があったりするかもしれません。『既知の情報や知識をより確実なものにするために、他の内容と照らし合わせて見る・読む』という意味合いになります。

「ください」を付ける

『ご参照』のあとに『くれる』の尊敬語である『ください』をつけ、『ご参照ください』とすることで、相手を高める表現になります。目上の人にも問題なく使える表現です。

ご参照のあとに『して』をつけて『ご参照してください』とするのは、誤った表現となりますので注意しましょう。

尊敬または謙譲の意を持つ接頭語の『お』または『ご』に『~する』と表現するのは謙譲語となります。しかし、謙譲語は主に自身を低めるときに使用するため、相手が主語となっている場合は不適切です。

尊敬語として『ご参照ください』と表現しましょう。

「幸いです」や「幸甚です」を付ける

シーンによっては、『ご参照ください』だと素っ気ない、敬意が感じられないと思われてしまう場合があります。他意はなくとも「おや?」と疑問を抱かれることは避けたいものです。

そのようなことを防ぐためには「ご参照いただけますと幸いです」とすることで、大げさ過ぎることもなく丁寧な表現になります。

『幸甚(こうじん)』もふさわしい表現です。『甚』には、大変・非常に・とてもといった意味が含まれています。「ご参照いただけますと幸甚に存じます」といえば、「そうしてくださるとありがたいです」という気持ちを伝えられます。

「くださいませ」は上品な表現

上品さがにじむ表現は『くださいませ』が有効です。『ご参照くださいませ』と伝えると、やわらかい雰囲気が生まれ、品位が加わるように感じられるでしょう。

「次のページをご参照くださいませ」「別添の資料をご参照くださいませ」とすることで、大切な商談にもふさわしい言い回しになるでしょう。

ただし、多用するとくどい印象を与えかねないので、言い換え表現も知っておくとよいでしょう。

「ご参考」「ご照会」とは意味が異なる

よく似た言葉に『ご参考』『ご照会』があります。どちらも広く使用されていますが、『ご参照』とは意味が異なるため注意が必要です。

重要度が高くない場合に「ご参考ください」

『参考にする』の意味は、ある考えや方法などを『取り入れる』ことです。比べるという意味合いも含まれているとはいえますが、それよりも『一考してみる』というニュアンスの方が強いでしょう。

『参考』には、受け取った知識や情報を有効に活用するかどうかは、受け手側の判断によるという意味があります。情報や知識を得た場合であったとしても、それが必要かどうかは相手が決めることになります。

また自分から発信したことが、相手にとって役立つかは不確定であるという意味合いも持っています。そのため、自分は有益だと思うけれども、場合によって不要かもしれませんという意味で使用するとよいでしょう。

問い合わせの場合に「ご照会ください」

『照会』は、『尋ねて確認する』という意味です。確実な情報や知識を得ていると予想できる相手に対して、手紙や電話・メールなどで問い合わせるときに使用します。

例えば、保有しているくじ券が当選しているか確かめたい人がいる場合、その人に対して「私ども事務局までご照会ください」と伝えます。

この場合、自分は当選番号を確実に把握しているので、よろしければお尋ねくださいと丁寧に促している意味になります。

「ご参照」の言い換えに使えるフレーズ

会議や商談、プレゼンによって、照らし合わせをお願いする場面が多いこともあります。その際、同じ言葉を多用することは避けたいものです。『ご参照』の言い換え可能な言葉について紹介しましょう。

より丁寧な「ご覧ください」

より丁寧な表現を意識する場合、『見る』の尊敬語である『ご覧になる』を使用して『ご覧ください』としましょう。

これは、展覧会や博覧会などに『覧』という文字が使用されるように、『展示物や博覧会を見る』という行動です。

・より詳しくご説明しますので、こちらのパネルをご覧ください。
・この内容の続きはホームページをご覧ください。

時折『拝見してください』としている場面がありますが、これは不適切です。へりくだる言葉の『拝見』は謙譲語であり、自分の行動に対して使用します。敬意を表するべき相手への使用は避けましょう。

目上の人には「ご高覧ください」

さらに敬意を表しつつ丁寧な言葉にしたいならば『ご高覧』がふさわしい言葉です。目上の人や大切な顧客にぜひ見てほしい書面などに使います。

・新しいパンフレットが完成しましたのでぜひご高覧ください。
・新作を発表したのでご高覧のほどよろしくお願いいたします。

また、前段で『何卒』を付け『何卒ご高覧ください』とすると、丁寧な印象が増すでしょう。

まとめ

『ご参照』は、ビジネスの現場でもよく使われるだけに、正しく使用したい言葉です。正確な意味を理解して、適切な表現を心掛けて上手に活用しましょう。