堅実女子ニュース&まとめ 会社はどうして上場を目指すの?株式上場に関する知識を深める経済・マネー4択クイズ

クイズの回答

それでは、クイズの回答を見ていきましょう。

問題1の答え.A)多くの人からお金を集めることができる、B)企業の信用度がアップする、C)優秀な社員を雇いやすくなる

企業が株式を上場させるメリットは、A、B、Cです。上場させることで、それまで以上に多様な投資家から資金を集めることができます。また、上場企業であることで社会からの信頼性が高まると同時に、優秀な人材を雇用しやすくなります。

Dの「上場により経営者が億万長者になれる」も可能性としてはありますが、必ずではありません。仮に上場後の値上がり時に経営者が所有する株式を大量に売却すると、“この経営者はこの株が今後さらに上場するとは思っていない”と判断されてしまうことに。そうならないためにも、上場したからといって株主は株を大量に売却することはほとんどありません。

せっかく上場しても、のちに株価が大きく下落する可能性も。

その後順調に業績が伸びて株価が上昇すればよいのですが、経営がうまくいかず株式の値段が大幅に下がってしまうことも……。そうなると経営者の資産が目減りし、億万長者とは程遠い状況になってしまう場合もあります。

問題2の答え.A)上場に際し費用がかかる、B)買収される可能性がある

企業にとってメリットの多い株式の上場ですが、デメリットも存在します。まず、上場に際しては多額な費用がかかります。上場する市場の規模にもよりますが、一般的に新規上場時には年間5,000万円程度の費用が必要になると言われています。これは、コンサルティング会社、監査法人、内部統制にかかる費用などが含まれます。

また、ドラマなどで目にしたことがあるかもしれませんが、上場企業の株式は基本的に証券口座を保有している人であれば誰でも購入可能です。そのため、条件次第では企業を買収される可能性も。ときにはコンサルティング会社などが、今後の成長のために企業買収を勧めることもあります。

ちなみに、配当や株主優待は、企業側の義務ではありません。

1 2 3