堅実女子ニュース&まとめ 「ご理解賜りますよう」は正しい?ほかの言い換え表現も紹介

相手に理解を求めるお願いの表現は複数あります。その中で、一方的に命令しているような印象を与えないためには、どのような表現を使うのが好ましいのでしょうか?ここでは『ご理解賜りますよう』の使い方と、ほかの言い換え表現を学びましょう。

「ご理解賜りますよう」は正しい表現

会社の業務やサービスに変更が生じ、顧客や取引先に理解や協力を求めるシーンでは、『ご理解賜りますよう』という言い回しが使えます。

ビジネスでも使われる正しい敬語

『ご理解賜りますよう』は相手に理解を求める場面で使う敬語表現で、ビジネスシーンではたびたび登場します。

『ご理解』の『ご』は敬語の接頭語、『賜る(たまわる)』は『もらう』の謙譲語です。自分をへりくだり相手を高める謙遜表現で、目上の人に対して用いるのが一般的です。ただし、自分に近しい人や社内の人には使いません。

『ご理解賜りますよう』は『ご理解いただけますよう』や『ご理解賜りたく』にも言い換えができます。

「ご理解賜りますよう」に続く言葉

『ご理解賜りますよう』の後には、お願いや依頼の言葉が続きます。よく用いられるのは、『お願いいたします』『お願い申し上げます』の二つでしょう。どちらも目上の人や取引先に対して使える謙譲表現です。

『お願いいたします』の『致す(いたす)』は、『お願いする』に後続する補助動詞(謙譲語)として使われています。動詞として使う場合は漢字で表記しますが、補助動詞の場合は平仮名で表記するのが一般的です。

『お願い申し上げます』は自身を低くする表現という意味合いでは『お願いいたします』と同じものの、より相手を高める表現です。社外の人に対しては、『お願い申し上げます』と使うのがよいでしょう。

依頼はクッション言葉を使うとベター

クッション言葉とは、お願いや反論、拒否などの相手に言いにくいことを伝える際、本題の前に添えて全体の印象を柔らかくする言葉です。

『ご理解賜わりますよう』の前には、相手の心情や状況に配慮したクッション言葉を使いましょう。一方的・強引・偉そうといったマイナスのイメージが薄れ、仕事が円滑に進みます。

・ご不便をおかけしますが
・恐れ入りますが
・お手数をおかけしますが
・お忙しいところ大変恐縮ですが
・ご面倒をおかけしますが

「ご理解」に言葉を加えて丁寧に伝える方法も

『ご理解』に言葉をプラスすると、より丁寧な言い回しになることがあります。ビジネスメールやあいさつ文などでよく使われる三つのパターンを紹介します。文中に何度も使わずに、締めの言葉とするのが理想です。

「ご理解のほど」

『ご理解のほど』の『~のほど』は、断定を避けるために用いられる、やんわりとした表現の一つです。

『~してもらえるよう』の意味があり、『ご了承のほど』『ご容赦のほど』『ご確認のほど』など、さまざまなシーンで使えます。

「ご理解お願いいたします」は、やや一方的な感じがしますが「ご理解のほどお願いいたします」に言い換えると、相手の立場に立った柔らかい印象になります。

目上の人や取引先にお願いするときは、「ご理解のほどよろしくお願い申し上げます」と表現すると丁寧でしょう。

「ご理解くださいますよう」

「ご理解くださいますようお願いいたします」の『~ますよう』も断定や直接的な言い方を避けるやんわりとした表現です。目上の人や取引先には「ご理解くださいますようお願い申し上げます」と表現しましょう。

また、『ご理解いただきますよう』や『ご理解をいただけますよう』にも言い換えが可能です。『いただく』は『もらう』の謙譲語で、自分を低めて相手の立場を高めます。

『いただけます』には可能、『いただきます』には断定・命令のニュアンスが含まれるため、場面に応じて使い分けるようにしましょう。

「何卒ご理解ご協力を賜りますよう」

『何卒ご理解ご協力を賜りますよう』は、理解に加え、協力をお願いしたいときに使う言い回しです。

公共の場所では「静かにしてほしい」「飲食はしないでほしい」など、人々の行動を制限する場合にも『ご理解ご協力』が用いられます。

相手に不便をかける場合は、「ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます」の表現が丁寧です。

『何卒(なにとぞ)』は、相手に強く望むときに使う強調表現で『どうぞ』『どうか』『ぜひ』に言い換えられます。『何卒』はやや硬い表現のため、ビジネスメールに向いています。

「ご理解くださいますよう」の言い換えは?

『ご理解くださいますよう』は、どのような言葉に言い換えられるのでしょうか?『含みおく』や『容赦』もビジネスメールではよく登場する言葉です。相手にお願いするときの言い方を例文とともに紹介します。

「お含みおきくださいますよう」

『お含みおきくださいますよう』は、心に留めておいてほしいことを伝えるときに使う表現です。

『含みおく』は、心に留めておく・了解しておくという意味があります。『含みおきください』と表現してもよいですが、目上の人や取引先に対してはより丁寧な「お含みおきくださいますようお願い申し上げます」を使いましょう。

・輸送に遅延が生じております。荷物が到着するまで時間がかかりますことをお含みおきくださいますようお願いいたします。

・明日から休業とさせていただきます。こちらの都合で大変恐縮ですが、何卒お含みおきくださいますようお願い申し上げます。

「ご容赦くださいますよう」

『容赦(ようしゃ)』には、許す・手加減する・控えめにするという意味があります。『ご容赦ください』は、過失や非礼に対して『多めに見てほしい』とお願いする際に使う言い回しです。

『ご理解くださいますよう』には非礼や過失をわびる意味合いは含まれていないため、相手や場面に応じて使い分けるようにしましょう。

『ご容赦ください』『ご容赦願います』と表現することもできますが、「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」の方がより丁寧さが伝わります。

・弊社で開催するセミナーは中止といたします。ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
・感染拡大防止のため、従業員の数を減らして対応しております。回答に時間がかかりますことを、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

強制されていると感じられないよう注意

相手に理解や協力を求めるときに使える表現を紹介します。『ご理解賜りますよう』の類語として使えますが、文脈によっては強制・命令に聞こえることがあります。クッション言葉を添えるなどの工夫をして、相手の気持ちを気遣いましょう。

「ご承知おきくださいますよう」

『承知』には、知る・聞いて引き受けるなどの意味があります。『ご承知おきくださいますよう』の直訳は『知っておいてくださいますよう』です。

相手にこちらの事情を知っておいてほしいとき、念を押したいときなどに使います。

『承知』という言葉はビジネスシーンではよく登場しますが、目下が目上に対して使うのはあまり好ましくありません。そもそも『承知』には旨を承って知るという謙譲のニュアンスが含まれています。

目上の人や取引先に使うときは、強い言い方にならないように工夫をしましょう。

・お手数をお掛けして大変恐縮ですが、ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。
・営業時間の変更や中止などの対策を講じることがございます。誠に恐れ入りますが、ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

「ご了承くださいますよう」

『了承』は、理解するという意味の『了』と、承知するの意味の『承』が組み合わさった語で、相手の事情を理解した上で承知するという意味があります。

ビジネスシーンで『了承ください』と言うと、こちら側が一方的に相手にお願いする形になってしまいます。相手とシチュエーションを見極めて使うようにしましょう。

・ 時差出勤およびテレワークの実施に伴い、営業時間が変更となりました。ご迷惑をお掛けすることと存じますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

・当分はリモートによる対応とさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

まとめ

相手に理解や協力をお願いするときは『ご理解賜りますよう』や『ご理解くださいますよう』などの表現が使えます。『ご容赦』や『お含みおき』などに言い換えてもよいでしょう。

『ご了承』や『ご承知』も同じように使えますが、『ご理解』とニュアンスが少し異なります。場合によっては強制的ともとられかねないため、目上の人や取引先に対して使うときは言葉を選びましょう。