堅実女子ニュース&まとめ 「ご連絡します」をより丁寧に伝えるには?

時間の間隔を空けてコンタクトをとる場合や、折り返しの電話をかけるような場合に『ご連絡します』という表現があります。より丁寧な言い方にする方法はあるのでしょうか?気を付けたい使い方や、言い換え可能な言葉についても紹介します。

「ご連絡します」の敬語表現

確認が必要になることや自分だけでは即決できない内容の場合、すぐに返答できないことがあります。時間をおいてコンタクトをとるような場合に『ご連絡します』とする人は多いのではないでしょうか。

ここでは、言葉の意味を丁寧語・謙譲語に分けて再確認してみましょう。

「ご連絡します」の「します」は丁寧語

文末の『します』は、『する』という動詞に助動詞の『ます』を付けて丁寧語としたものです。

ただし気を付けたいのは、『ご連絡します』には相手への尊敬の念や自分がへりくだる部分がないことです。そのため、人によっては配慮が足りない言葉に受け取られるかもしれません。

「ご連絡いたします」は謙譲語

謙虚な気持ちで一段下がり、相手を持ち上げる表現として『ご連絡いたします』があります。

『いたす』は、『する』の謙譲語です。自分より立場が上の相手に対して、謙遜して使用します。

たとえば、お客様から質問があり、確認しなければ即座に回答できないときは、次のような内容で理解を求めます。

・本件につきましては、確認のうえ改めてご連絡いたしますので、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

気を付けたい「ご連絡」の言い回し

ビジネスにおいては、自社や取引先を問わずさまざまな人と関わるため、『お知らせする』『通知する』『伝達する』といった行動は多いものです。そして、その相手が目上の人や顧客であることも少なくありません。

それだけに、相手の気分を害さないような表現を身に付けておきたいものです。『ご連絡』を用いる際の注意点について解説しましょう。

上から目線な印象になる「ご連絡差し上げます」

『差し上げる』は、『与える』『やる』の謙譲語です。そして助動詞『ます』で丁寧語としています。連絡することを丁寧語とするために、接頭語の『ご』を付けることで安心して使用できると考えがちですが、注意が必要です。

『差し上げる』には、『します』よりも『してあげます』というニュアンスが含まれます。そのため、解釈の仕方によっては、押しつけがましい印象を抱く恐れがあります。

そのため、自分が目上の人に何かをする場合には、控えることが望ましいといえます。

ただし相手に対してお礼や謝罪するシーンでは、適切な表現です。以下のように、自分の行為となるシーンで使いましょう。

・会議の日程を決めて後日連絡する場合
「日時につきましては追ってこちらからご連絡いたします」

・会議の日程を相手から知らされた場合
「こちらからご連絡差し上げるべきところご丁寧にありがとうございます」

「ご連絡させていただきます」は注意が必要

『ご連絡させていただきます』は『ご連絡』という丁寧語に、『させていただきます』という謙譲語が加わった言葉です。二重敬語と間違われやすいですが、文法上は正しい表現です。

ただし『させていただく』は、相手の許可を受けた上で行う自分の行為により、自分が恩恵を受ける場合に使用します。そのため、『ご連絡させていただきます』は不適切な表現といえるでしょう。

参考:敬語の指針 P.40|文化庁

「ご連絡します」の類語が使えるとき

一つの言葉ばかりを使っていると、会話や文章が平たんに感じられる場合があります。そのため、複数の言い換えができるようにしておくと役立つでしょう。

「お知らせします」

『お知らせします』は、相手に何かを伝えたいシーンで使用できる言葉です。『お知らせ』は接頭語『お』があることから謙譲表現となり、ビジネスシーンでも一般的に使われている敬語表現です。

『お知らせいたします』は、謙譲語の『お知らせする』と謙譲語の『いたす』が重なって使われており、二重敬語となります。現在では慣習的に使われていますが、注意が必要です。

「ご報告申し上げます」

『報(しら)せる』は、他者に『何かを伝える・伝達する』という意味の言葉です。ただし、『報せる』は常用漢字ではないため、このような使い方をすることはほぼありません。

『連絡』という言葉は主観を省いた事実のみを指しているのに対して、『報告』は会議など、過程を経て決定した内容などに使用するのに適しています。

目上の人に結果などを伝える場合、謙譲語の『申す』を用いて、「過日の役員会での審議結果をご報告申し上げます」のように使用しましょう。

電話やメールなど連絡の手段を示す場面

連絡する際に、電話やメールといった手段を示すシーンもあるでしょう。例えば「こちらからお電話いたします」などが挙げられます。

『お電話』とすることで『自分に対して敬語を使っており不適切』と考える人もいますが、『お電話』の『お』は敬語の接頭語で、美化語としての役割を果たします。反対に、相手に対し『電話いたします』としては失礼になるでしょう。

・お電話いただきありがとうございます。
・折り返しお電話いたします。

参考:敬語の指針 P.21|文化庁

一方、メールの場合は外来語のため『お』や『ご』を付けて美化語にすることはできません。そのまま『メール』とするか、もしくは『ご送信』として名詞化して対応しましょう。

・わざわざご送信くださり感謝します。
・確認した後にメールで回答いたします。

まとめ

さまざまな人と連携する職場では、伝達・通達する機会は多く、その際無礼のない表現でやり取りする必要があります。

『ご連絡』は使用頻度の高い言葉の一つです。同僚ならば『確認します』、上司や顧客なら『確認いたします』と使い分けるとともに、類語も上手に使いながらスムーズなやり取りを心掛けましょう。