堅実女子ニュース&まとめ 4人に1人が現場を目撃した経験あり!もっとも悪質だと思う「アルハラ」TOP3、3位酔って恫喝、2位飲酒量強要、1位は?

セクハラ、パワハラ、モラハラ・・・〇〇ハラという言葉がどんどん登場するなか、最近少しずつ浸透してきている「アルハラ (アルコールハラスメント) 」。飲酒に関連した嫌がらせや迷惑行為に対して使う言葉です。まだ言葉自体はあまり知られていないかもしれませんが、実際には飲酒を強要されたり、晩酌を強要されたり、暴言やセクハラを受けるなど、様々なお酒絡みの問題が多く存在しているようで、これから「アルハラ」という言葉もどんどん使われるようになるかもしれません。そこで今回は表沙汰にされにくい「アルハラの真実」について、みんなの実体験をもとにまとめてみました。

「アルハラ」が理由で飲み会に参加したくない人は4割も

キリンホールディングス株式会社が全国の20〜50代の男女1,000名を対象に行ったアンケートによると、「アルハラ」という言葉を知っている人は3割程度とまだ少数であることが判明。一方で、アルハラの定義を伝えたうえで、「アルハラが理由で飲み会に参加したくないと思ったことがあるか」と尋ねたところ、4割近くが「少なくても1度はある」と答えていることがわかったのです。また実際に経験はないが、「アルハラの現場を目撃したことがある」と回答した人も4人に1人いることがわかりました。

コロナ禍で職場の飲み会が減ってよかったと感じている人も多数。

<衝撃のアルハラ目撃シーン>
・部下や年下が、上司などに無理やり強要されたり、お酒に弱いと対応が悪くなったりする(福岡・36歳女性)
・酒の勢いでの暴言(愛媛・31歳男性)
・飲めないことを「情けない」と言われている場面を見たことがある(栃木・40歳女性)
・部下がもう無理だと言っているのに一気飲みや「俺がついだ酒が飲めないのか」という場面を多々見かけた。(もちろんアルハラという概念が生まれる以前)自分の許容範囲を超えて飲んで大声で騒いだり、トイレ以外で嘔吐して周囲に迷惑をかける人がいる。同じ集団と思われたくない(千葉・36歳女性)
・女性新入社員にお酌させる(神奈川・38歳男性)
・話したくないことを何度も聞かれるなど(東京・46歳男性)

アルハラの目撃コメントを見ていくと、実際に自分も経験したことがあるという人も少なくないのでは? そこで「アルハラ」の中でも最も悪質だと思う内容についても質問してみました。

相手によって「アルハラ」になるかならないかが決まる…そこが上司や先輩側としては判断が難しいところのようだ。
1 2