堅実女子ニュース&まとめ 30代女性が、やめてみたら人生過ごしやすくなった3つのこと

人間関係や仕事に金銭問題など、人生にはさまざまなストレスが付きものです。もちろん、困難を乗り越えて学べるものもあり『若い頃の苦労は買ってでもせよ』という考え方もあります。ですが、アラサーにもなると、自分が嫌なことや苦手なことを『やって得られるメリット』と『やらない場合のメリット』を天秤にかけ、『やらない/やめる』という選択肢が勝つことも増えてくるのではないでしょうか?今回は30代の女性達が、思い切ってやめてみたら、生きやすくなったこと3つをご紹介します。

やめたこと1:無理をする人付き合い

「最近は、無理に人と仲良くするのをやめました。以前は人に嫌われるのが怖かったので、一生懸命、誰にでもフレンドリーに接するようにしていましたが、それでも合わない人や好きになれない人はいるものですよね。

いつの間にか、フレンドリーに接するために労力を使うのに疲れてしまって、ちょっとくらい嫌われてもいいやって思うようになりました。結局のところ、合わない人とは距離置いたほうがお互いに良いし、合う人とは無理をしなくても、そのうち自然と仲良くなれるものですよね」(35歳/公務員)

「元々、大勢でワイワイ騒ぐのが苦手だったんです。そのこと自体に自分で気がついていなくて、『社交的であるべき』と勝手に思っていました。ところが30歳になり、1度病気をしたんです。その時から、体調管理のために飲み会や集まりに行くのを意図的に減らしてみたら、すごく楽になったんです。

その時に初めて『自分はワイワイ騒ぐより、ひとりでいる方が好き』ってことに気がつきました。今はコロナ禍もあって、人付き合いがかなり減りましたが、正直、幸福度は上がりました。思ってたより、自分は内向的な人間だったんです。気が付けて良かったです」(32歳/舞台関係)

社会では、外向的なことが良しとされる風潮はあるものですよね。ですが近年では、内向型と外向型という人間の性格についてのリサーチが進み、理解も少しずつ深まってきているようです。自分がどんな人間で何を好むのか、知っていくのは生きやすくなるポイントかも知れません。

やめたこと2:男性目線を気にしたオシャレ

「以前はもっと身だしなみに気を遣っていました。しっかりアイメイクをして、ピンヒールも履いていたし、定期的に流行りの服を買ったり、美容院にも頻繁に行っていました。そういうことが好きな訳ではないのに、『女性ならそうあるべき』っていう風潮に流されていたというか…。

結局はどれも“恋愛”や“モテ”につながることだったんですけど、恋愛しなきゃって頑張らなくなって、オシャレをやめたら楽になりました。今は趣味のスポーツとかお菓子作りとか、自分の好きなことにお金を使っています」(37歳/金融機関)

「以前は仕事着にも気合い入れていたんですけど、今は必要最低限の格好でいいやと思うようになって、ずいぶん楽です。以前は高級ブランドのアイテムなんかもチェックしていたのですが、辞めたら金銭的にも楽になりました。

オシャレって、自分で楽しむオシャレならいいんですけど、男性からの目線を気にしてするオシャレは楽しくないし、むしろ義務のように感じるじゃないですか。30代になって男性目線を気にしなくなり、女子力は下がったかも知れませんが、気持ちは楽になりました」(32歳/エンジニア)

色々なものに縛られてしまい、自分が好きなオシャレが楽しめないということもありますよね。気になるアイテムがあっても「自分の体型には似合わないかも」「こんな派手なものを着て、どう思われるか心配」と、まわりの目を気にしてしまいます。純粋に好きなものを着るというのは 、なかなか難しいことです。

やめたこと3:SNSを気にすること

「SNSをあまり見なくなったら気持ちが楽になりました。スマホが古くなり、動作が重くなってきたのがキッカケで、容量の大きいSNSのアプリを削除しんです。初めは少し、SNSを見ないことで、情報を見逃してる気がしていたのですが、しばらくしたら慣れました。意外に、目に入ってくる親しくない人の言葉にも影響されてたんだな〜ってことに気がつきました」(30歳/フリーランス)

「一時期、仕事がすごく忙しくなって、SNSを見る暇もなくなったんです。そしたらSNSに気を煩わされることがないのっていいな〜って思って。そこまで親しくない友人がどこに出かけたとか、誰が誰に『いいね』してるとか、知らない方が精神衛生面で良い気がして…。

SNSって、物によってはもはや『社会』ですよね。家にいる時は社会から離れてホッとしたいのに、見るのは精神的に疲れます。でも見出すと、ついつい見ちゃうから、今は意図的に出来る限りやめています」(37歳/会社員)

SNSとの付き合い方って難しいですよね。さまざまな情報源が溢れている現代なので、全部を受け入れようとすると、パンクしてしまいそうです。上手く選んで付き合うスキルが必要ですね。

SNS疲れを感じている人は多いよう…

若い頃は体力もあり、色々な体験をすることで経験値を増やしていましたよね。ですが年齢と経験値が増えるとともに、手放した方がいいものも増えてきた気がします。『やめる』という選択肢があることは、忘れないでおきたいですね。

取材・文/まなたろう