堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で“おうちスイーツ”が定番に! 2人に1人が「コンビニスイーツが食べたい」

春らしい華やかなスイーツに心惹かれる季節です。コロナ禍、自宅でカフェのように楽しむスタイルが注目されています。株式会社クロス・マーケティングが発表した「スイーツに関する調査(2021年)」によると、この一年でスイーツを食べるなら「外」よりも「家」でという傾向が浮かび上がってきました。

おうちスイーツの機会、どれくらい増えましたか?

この1年で、家でスイーツを食べる機会が増えたのは約3割

昨年の同時期(2020年4月)から、スイーツを食べる機会の変化を聞いたところ、家で食べる機会が増えたと回答したのは32.8%という結果に。
一方、外でスイーツを食べる機会については、50.2%が減ったと回答しました。新型コロナウイルスの流行により、外でスイーツを食べる機会が大きく減少し、家で食べる機会が一定数増えていることがうかがえます。

約半数は、外でスイーツを食べる機会が減少

体重は気になるけれど、スイーツを食べると幸せな気持ちに

スイーツを食べることに対する気持ちでは、「幸せな気持ちになる」「気分転換になる」が5割程度を占めていますが、3番手には「体重が気になるけどつい食べてしまう」という回答も。自分へのごほうびや明日への活力としてスイーツを食べることも多いですが、背徳感を感じてしまうのにも共感できますね。

この春に食べたい/買いたいスイーツでは、「コンビニスイーツ」が52.5%で最多となり、特にスイーツを家で食べる機会が増えた層では、 7割近くを占めていました。家でも気軽に食べられるコンビニスイーツの人気が高まっていることがうかがえます。

世はコンビニスイーツ戦国時代! 気になる新作が続々登場するので飽きることはありません
1 2