堅実女子ニュース&まとめ 英語に直訳できない日本語「よろしくお願いします」はどう伝えるのが正解?

どの言語にも、他の言語に直訳するのが難しい言葉というのはあるものです。私たちがよく使っている「よろしくお願いします」も、代表的な”直訳しにくい言葉”のひとつ。英語には「よろしくお願いします」というニュアンスにぴったりハマる言葉はありません。では英語では、どのように伝えればいいのでしょうか?

シチュエーションに分けて考えてみる

日本語で『よろしくお願いします』を使う機会はたくさんありますよね。よくよく考えてみると、さまざまなシチュエーションで『よろしくお願いします』は使われており、とても便利な言葉だと思います。

「初めまして、〇〇です。よろしくお願いします」
「では、会議を始めます。よろしくお願いします」
「ありがとうございます!!よろしくお願いします!」

色々なシチュエーションを『よろしくお願いします』で済ませることができてしまいますね。ですが、これらのひとつひとつを噛み砕いて考えると、どれも伝えたいニュアンスは少し違ってきます。英語に訳すときには『よろしくお願いします』で具体的に何を伝えたいのか、を考えて訳します。

自己紹介の「よろしくお願いします」

シチュエーション別に分けて考えてみましょう。まずは初めて会う相手に、自己紹介などの際に使うケースです。

「花子です。よろしくお願いします」と言いたい場合。

この『よろしくお願いします』には「お会いできて嬉しいです」「これから一緒に頑張りましょう(お仕事などの場合)」といったニュアンスが含まれます。なので、次のような訳し方がいいでしょう。カッコ内は直訳です。

「I’m Hanako. It’s my pleasure to meet you.」(花子です。お会いできて嬉しいです。)

「I’m Hanako. I’m so excited to be working with you.」(花子です。これから一緒に働けるのが楽しみです。)

「pleasure to meet you」は会えて嬉しいというのを丁寧に伝える言葉です。「It’s my pleasure.」で「どういたしまして」というニュアンスで使われることもあります。「excited to be〜」は、「~することに興奮(ワクワク)する」という意味です。よく間違って「ワクワクするね!」を「I’m exciting.」と言ってしまう人もいますが、これだと「私は人をワクワクさせる存在です」といったニュアンスになってしまうので要注意です。

会議などでの「よろしくお願いします」

次に、会議やプレゼンなどを始める際に

「では、これから会議を始めます。よろしくお願いします」と言う場合。

この場合の『よろしくお願いします』はとても訳しにくいニュアンスですが、強いて言えば「本日はお時間いただきありがとうございます」と言う感じでしょうか。その場合は、下記のような訳になります。

「I’d like to start the meeting. Thank you for your time today.」(会議を始めたいと思います。今日はお時間いただきありがとうございます。)

「I’d like to get started. Thank you for your attendance.」(では始めたいと思います。ご出席いただきありがとうございます。)

「Thank you for your time.」で「お時間いただきありがとうございます/ございました」という意味になります。会議の始まりに使っても、締めに使ってもいいでしょう。

1 2