堅実女子ニュース&まとめ 今から準備しても今年度取得にまだ間に合う!費用対効果が高めの資格6選

今年中には何か資格を取りたい!でもまだ何をしようか決まっていない……そう思っている人に耳寄り情報。5月~6月から始めて、今年度の取得ができそうな資格って、実は意外とたくさんあるようです。そこで「資格Times」がまとめた、誰もが合格を目指せる資格を一気に紹介! 合格率が比較的高めの資格や最近国家資格になった注目の資格を6つ選んでみました。

ではさっそく各試験の試験日や申し込み期間、特徴、そして合格率をまとめてチェックしていきましょう。

資金計画のプロフェッショナル「FP(ファイナンシャルプランナー)」

合格率が比較的高く、学習時間も長くない費用対効果の優れた資格として注目されるのがファイナンシャルプランナー。個人の家計相談、中小企業に対する事業継承・節税などの相談業務を行うことができる資格です。「FP3級」では、自身の資金繰りに役立つ金融知識を得ることができますが、 もし就職や転職での評価を期待したいなら専門的な知識を学ぶ「FP2級」以上の取得がおすすめです。

9月に3級、1月に2級を取得できれば1年でダブル取得も夢じゃない!

不動産取引の専門家・宅地建物取引士(宅建士)

不動産業界はもちろん、金融業界への就職・転職にも役立つ宅建士。不動産業を含む事務所には必ず5人に1人の割合で宅建士がいなければならないため、需要も高いのが特徴です。

数万円の資格手当がもらえる場合もある人気資格。

業種・職種を問わず活用できる「簿記」

会社での経理部門はもちろん、さまざま業種・職種で活用できる資格。企業活動やそれに伴う金銭の流れについて専門的な知識を学ぶことができます。「簿記3級」は基礎知識になるため、実務や就職・転職に活かしたいなら「簿記2級」以上の取得がおすすめです。

2級を取ると大企業の経理業務でも困らない実力と言われる。
1 2