堅実女子ニュース&まとめ 婚活開始後、45%の女性が「理想の結婚相手像が変わった」。外見や条件よりも重視される傾向にあるのは?

誠実で、優しくて、真面目で、仕事ができる・・・そんな理想の相手を求めて婚活を始めたけど、実際にパートナーを探してみるとなかなかそんな相手は見つからない。結局婚活を始めてから、少しずつ相手への条件を変えたという人も多いようです。

株式会社ZWEIのアンケート調査によると、約45%の女性が、婚活を始めてから理想の結婚相手像が変わっていることが判明。さらにコロナ禍でおうち時間が増し、「一緒にいて楽しい人」や「気遣いができる人」という条件を増やした人も多いのだとか。そこで今回は婚活を始めてから変わった「理想の結婚相手像」についてまとめてみました。

婚活前後で理想の相手像が変わった女性約45%、男性は約30%

婚活を始める前と後とで理想の結婚相手像に変化があった人は全体の36.4%、男女別に見ると女性の方が多く、約45%が変化ありと回答。一方男性は約7割が「変化なし」と答えていることがわかりました。ちなみに年齢別に見ると、30~34歳が最も「変化があった」と回答している人が多く、35歳以降は変化があった人の割合が少なくなっていくことがわかりました。

男性より女性の方が理想像が変わりやすい傾向に。

婚活を始める前と後でどのような変化があったのか、具体的に内容を聞いてみると、婚活を始めてからは、「外見」や「条件」よりも「相性」や「価値観」を重視する傾向にあることがわかりました。

また、結婚後を具体的にイメージするようになることから、生活していくうえでの「相性」や「価値観」に目が行くようになるようです。婚活を通じて、自分自身を客観的に見直す機会を得ることができたという人も多く、より現実的に将来を考えるようになるのかもしれません。

■婚活前後の理想の結婚相手像の変化■
・理想像がなかったが、婚活をはじめた後は、『性格が合う人』が理想像になった。(30代女性)
・以前は見た目重視だったのが、一緒に過ごした時に自分らしくいられる人に変化した。(20代女性)
・婚活前は少しでも条件の良い人と思っていたが、婚活後はお互いの趣味や相性、居心地の良さ、価値観等を考えるようになった。(50代男性)
・今まではこうして欲しいといった希望が多かったが、嫌だなと思うことをしないで居てくれるだけでいいと思えるようになった。(30代女性)
・容姿への優先順位が下がった。(40代男性)

婚活が進むにつれ、一緒に暮らすイメージができるかも相手選びの条件に加わる傾向に…。
1 2