堅実女子ニュース&まとめ ビル・ゲイツが離婚を発表!ビリオネア夫妻の出会い&14兆円超の財産分与まで解説

財産分与について

ゲイツ夫妻:婚前契約がなくともトラブルなし

アメリカでは広く浸透している「婚前契約」ですが、意外にもゲイツ夫妻は婚前契約を結んでいなかった様子。マッケンジー氏との結婚時にすでに上場企業の共同創業者であったことを考えると、少し驚きますね。

とはいえ、離婚に際してメリンダ氏ともめている様子はなく、既に資産分割の方法について合意しているとのこと。妻側から離婚の提案があったようですが、今後推定1300億ドル(14兆3000億円)のビル・ゲイツ氏の財産は合意書に基づきメリンダ氏に分割されることになります。

ベゾス元夫妻:世界22位の富豪となったマッケンジー氏

ジェフ・ベゾス氏は、離婚発表時にも「マッケンジー氏がアマゾンの創業当初からビジネスにおいて非常に重要な存在であった」とツイート。ジェフ氏のこのような思いが反映されたこともあり、財産分与を含めた離婚協議は非常にスムーズに進みました。

Amazon株の約4%を保有するマッケンジー氏の総資産は6兆円以上と言われ、フォーブスのランキングでは世界22位の富豪とされています。

離婚後の二人は?

ゲイツ夫妻:今後も一緒に財団を運営していく

子供の予防接種を推進したり、コロナウィルス対策を支援したりと、世界が健康で安心して暮らせるための活動を行っている「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」。この慈善活動については、今後も二人で協力して運営される予定です。

多くの資産を保有する同財団が行える活動は幅広く、現在のパンデミックが落ち着いてくれば他の分野においてもさらに広がっていくことでしょう。

ベゾス元夫妻:マッケンジーはすでに再婚済み

今年の3月、マッケンジー氏は科学教師である一般男性と再婚しました。ジェフ・ベゾス氏にはかなりドロドロした不倫スキャンダルもあり、ビジネス以外の面でも様々な苦労をしたと思われるマッケンジー氏。二度目の結婚での幸せを望まずにはいられません。

大富豪の結婚生活にもいろいろな問題がある

“金銭的な余裕”だけでは、埋められないものも。

世界に2189人しかいない、大富豪ビリオネア。少なくとも10億円以上の純資産をもつ彼らは日々の暮らしを危惧する必要がなく、子供にも最高の教育を惜しみなく与えられます。夫婦間の問題も限りなく少なくなりそうなものですが、実際には多くの夫婦と同様に、大小さまざまな問題を抱えているのでしょう。

長い間連れ添った夫婦があと腐れなく次の人生に進めるものまた、大富豪ならではの選択なのかもしれません。

文/山根ゆずか

1 2