堅実女子ニュース&まとめ 「ご健勝とご活躍」の意味と使い方を紹介。「清栄」「発展」との違いは?

『ご健勝とご活躍』は、ビジネスシーンでよく使われる決まったフレーズの一つです。意味と正しい使い方を理解し、適した場面で使えるようになることが大切です。『清栄』や『発展』との違いについても解説するので、状況に合わせて使い分けましょう。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」とは

(出典) pexels.com

『ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます』は、社外からのあいさつ状などで目にしたことがある人もいるのではないでしょうか?まずは、どのような状況で使われるフレーズなのか把握しましょう。

あいさつやスピーチの決まり文句

相手の健康や活躍を心から祈っているという意味のフレーズで、年賀状などの季節のあいさつやスピーチでの決まったフレーズとして使われます。

『申し上げる』は『言う』の謙譲語で、『言わせていただく』という意味であり、言う対象を敬う言葉でもあります。つまり、『心より健康や活躍を祈らせていただきます』という意味合いになります。

例えば以下のような状況で使われます。

・ご定年おめでとうございます。長年にわたりご指導いただきましたことを深く感謝しております。ますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます
・昨年はご厚情を賜り心より感謝申し上げます。今年もさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます

「ご健勝」の意味と使い方は?

(出典) pexels.com

『ご健勝』はどのような意味なのでしょうか?使い方や注意点についても解説します。

相手の健康を願う

『ご健勝(ごけんしょう)』は、健勝に『ご』を付けた尊敬語です。『健』は健やかという意味で、『勝』は優れているという意味合いがあり、『健康で元気であること』を表す言葉です。

相手に対して『いつまでも健康でいてほしい』と願う言葉になります。ただし、病気やけがをしている人には使わないのがマナーです。

人に向けて使われる

健康を願う言葉のため、人に向けて使われます。企業など組織には使えない点に注意しましょう。

以下のようにあいさつ状などの前文や末文、スピーチで使われます。〇周年記念など、会社のお祝いや披露宴のお祝いの席でのスピーチで使われることも少なくありません。

・〇〇様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます
・皆さまのご健勝と貴社のさらなる発展をお祈り申し上げます
・皆さまのご多幸とご健勝を祈って、乾杯

会社に向けて伝えるときは「ご清栄」

人ではなく会社に向けて伝えるときは、『清栄(せいえい)』に尊敬を表す『ご』を付けた『ご清栄』を使います。『清く栄えること』という意味で、相手の繁栄や無事を願うあいさつの言葉です。

・御社のさらなるご清栄をお祈り申し上げます
・立春の候、皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

意味の似た言葉に『ご清祥(ごせいしょう)』がありますが、使い方に違いがあります。『ご清栄』は個人と会社に対して使えますが、『ご清祥』は個人に対して使用するのが一般的です。

「ご活躍」の意味と使い方は?

(出典) pexels.com

『ご活躍』の意味や使い方も合わせて紹介します。

めざましい活動で成果を挙げること

『活躍』は、『めざましく活動で成果を挙げること』という意味です。ビジネスシーンで使う場合は、相手の成果や業績、行動を指します。活躍に『ご』を付けた尊敬語のため、目上の人にも使うことが可能です。

『ご活躍をお祈り申し上げます』のように使われ、『より一層の成果や業績が上げられることを心より祈っています』という励ましの意味が込められています。

目上には使い方を注意

『ご活躍』は、続く言葉に注意して使う必要があります。『ご活躍を期待しています』は、目下に使う言葉で、目上の人に使うと失礼に当たります。『期待する』は、成果を待つという意味があり、立場が上の人の言葉であるためです。

『ご活躍をお祈りしております』は、目上の人にも使えます。ただし、人によっては不快に感じる人もいるかもしれません。使う相手によって、『ご健勝』など他の言葉を用いるのがおすすめです。

会社に向けて伝えるときは「ご発展」

会社に向けて伝えるときは、『物事の勢いなどが伸び広がり盛んになる』という意味で繁栄する様子を表す『発展』に、尊敬を示す『ご』を付けて使います。『よい方向へ向かっていく』というポジティブな意味がある言葉です。

・貴社のさらなるご発展をお祈り申し上げます
・貴社のますますのご発展を祈念しますとともに、引き続きお引き立て賜りますようよろしくお願い申し上げます

まとめ

『ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます』は、あいさつ状やスピーチで使われる決まり文句です。さまざまな場面で使用できる便利なフレーズのため、覚えておくと役立つでしょう。

ご健勝とご活躍を分けて使うことも可能です。主に個人に向けて使われる言葉で、会社など組織に向けて伝えるときは、『ご清栄』や『ご発展』を使います。

また、『ご活躍』を目上の人に使うときは、『ご活躍を期待しています』のような失礼なフレーズにならないよう、注意が必要な点も覚えておきましょう。