堅実女子ニュース&まとめ 納豆にお砂糖!?フライドポテトにマヨ!?「でもおいしい!」身近な食べ物のちょっと変わった食べ方6選

食べ物の食べ方って、意外と個性が出たりしますよね。目玉焼きの食べ方ひとつでも、半熟派や堅焼き派、醤油派と塩派など、細かい好みは違うものです。今回は、そんな食べ方へのこだわりの中から、「こうして食べると美味しいよ!」という、ちょっと変わった食べ方6選をご紹介します。

1.ポッキーは冷凍庫で「冷凍ポッキー」に

「ポッキーは冷凍庫で冷え冷えの冷やしポッキーにして食べます。プレッツェルがパキッとするし、冷えたチョコがより美味しいし、もう普通のなまぬるいポッキーは食べる気がしません。近年、この食べ方が流行ったみたいですが、私はずっと前からやっていましたよ。チョコをまとったお菓子は、基本的に冷凍庫か冷蔵庫に入れておくと美味しいです」
(女性/30歳/アパレル勤務)

昨年、グリコでは『アナと雪の女王2』とコラボレーションした、フローズンポッキーキャンペーンとして冷凍ポッキーをおすすめしていましたね。筆者も試してみましたが、特に夏場の冷やしポッキーはおすすめです。

2.納豆にはお砂糖でネバネバ増し増し

「これは小さい頃からやっていたのですが、納豆にお醤油と砂糖をかけると美味しいですよ。実家が秋田なのですが、家族はみんな入れていました。でも秋田でも家庭によって違うようで、砂糖を入れるのは少数派です。珍しがられるので人前ではお醤油のみにしていましたが、今でも家ではお砂糖入れてます」
(女性/28歳/エステサロン勤務)

納豆には砂糖を入れると、納豆菌の活動が活発になり、ネバネバに含まれる納豆キナーゼが増えて健康効果が高まるようです。北海道や東北の一部では納豆に砂糖をかける方も多いようですね。

3.ホール食い、かぶりつき……、食べ方を変えてケーキを楽しむ

「カットされたケーキを、尖った方からフォークで食べるのが、王道の食べ方ですよね。でも、ケーキはホールで買って、ホールのまま食べたり、手で持ってかぶりついたりするのも美味しいんです。私は甘い物に目がないので、ケーキはちびちびとフォークで食べるときと、かぶりつくときと、ホールのまま食べるのと、ぜーんぶ美味しいんですけど、どれも違う味わいがあります。

ホールだと、カットしてあるときとは反対側から食べることになるので、味もいつもとは違う感じがしますよ。こんなことしちゃって贅沢…という背徳感もいいんです。かぶりつくのも、ケーキの感触とかもあって、フォークとは違う楽しみがあります。色々な食べ方をすることで、ケーキをもっと楽しめますよ!」
(女性/32歳/会社員)

そう言われると、ケーキはフォークで尖った方からしか食べたことがないかも知れません…。クリスマスなどの記念日に、ホールを贅沢につついたら楽しそうです。

4.あんこにはブランデーを入れると大人の味に!

「あんこにはブランデーをちょっと混ぜると、洋風になって美味しいですよ。大人の味です。以前、ブランデーとクルミやレーズンが入った羊羹を食べてすごく美味しかったので、それを再現したくて自分でやってみました。トーストに塗って食べたり、そのまま食べたりしてます!」
(女性/31歳/教職員)

あんこにブランデー!和と洋の融合ですね!確かに想像しただけでも美味しそうです。ブランデーの量に注意しないと、酔っ払ってしまいそうですね。

5.イカの塩辛を万能調味料として使う!

「イカの塩辛は冷蔵庫にストックしておいて、色々な料理に使っています。おすすめは、炒め物、パスタ、じゃがバターです。炒め物は、本当になんでもいいです。野菜炒めとかに好きなだけ混ぜちゃっても、それだけで美味しいですよ。パスタも、塩辛とオリーブオイルとパスタをざっと混ぜるだけ。じゃがバターも、チンしたじゃがいもにバターと塩辛です。塩辛は、何に乗せても混ぜても合う万能調味料!と思っています」
(女性/36歳/トレーナー)

イカの塩辛は、タンパク質も多く栄養価も高いようです。ただ、塩分は多めなので、摂りすぎに注意ですね!

6.ドイツ式、フライドポテトの食べ方!

「フライドポテトにはマヨネーズが1番!と思っています。以前、ドイツに住んでいたのですが、ドイツではフライドポテトを頼むと『マヨネーズ?ケチャップ?』と聞かれます。マヨネーズ派は多いです。マックのポテトをお持ち帰りして、マヨネーズつけて食べたりしています。やってみてください!」
(女性/37歳/ヨガインストラクター)

ベルギーやオランダなどでも、フライドポテトにはマヨネーズをつけるのが主流な国も多いようです。わさびマヨなんかも美味しいでしょうね。

目玉焼きの食べ方も、人によって違うもの。

食べ方のこだわりには、その人の個性がチラリと見えて興味深いですよね。試してみたくなる食べ方はあったでしょうか?ぜひ試してみてくださいね!

取材・文/まなたろう