堅実女子ニュース&まとめ ポイントは「こする」と「ねじる」。食中毒対策の適切な手洗い法とは?

冬にかけては、ノロウイルスによる食中毒が気になる時期。今年は、新型のノロウイルスが流行する!? とも言われていますし、日ごろから気をつけたいですね。簡単にできる対策の一つが「手洗い」。ウイルスを体の中に入れないために、普段よりも丁寧に手を洗うことが重要です。今回はライオン株式会社の発表した、「正しい手の洗い方」と「適切な手洗いのタイミング」をチェックしてみましょう。

しっかり洗ったつもりなのに…汚れが残りやす手の部分は?

ボディソープやその他スキンケア商品の開発に約20年携わってきた、ライオンのヘルスケアマイスター・山岸理恵子さんが、手の汚れについて行なった実験の結果によると、手を洗っても汚れが残りやすい部分は「指先」と「指と指の間」、そして「手首」ということがわかりました。

「こする」と「ねじる」の正しい手洗でしっかり予防

実際、手洗いをキチンと行なうと、泡を立てた後から洗い流す前までの工程だけで最低でも30秒はかかえるそう。しかし、手洗い時間にかける時間をアンケート調査したところ、30秒以上かけて手を洗っている人は、小学生が28.4%、中学生が14.9%、保護者(大人)は10.6%と、大人になるほど、短時間で手洗いを済ませていることが判明!

1031a

手を洗う時のポイントは「こする」と「ねじる」。時計や指輪などのアクセサリー類は外して、指や手首までしっかり洗おう。

また、手を拭くタオルにも注意が必要。汚れたタオルで手を拭くと、その汚れが手についてしまうこともあり、手を洗った意味がなくなってしまいます。必ず、乾いた清潔なタオルかペーパーさタオルで拭き取るようにしましょう。


1 2