堅実女子ニュース&まとめ バカリズムのOL魂が爆発! 永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒らもいろんな意味で爆発する女ヤンキー映画『地獄の花園』を見逃すな!

『架空OL日記』の脚本で世のOLに「どうしてこんなに私たちの気持ちがわかるの?」と驚愕させたバカリズムが、再びOLの世界を描く。しかもそれは女ヤンキーものでもあって、永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、小池栄子、そして遠藤憲一と驚きのキャストが顔を揃える、ってどういうこと? 『地獄の花園』は、いろんな意味でビックリぎょーてんな映画なのです!

(c)2021『地獄の花園』製作委員会

『地獄の花園』(配給:ワーナー・ブラザース映画)●監督:関和亮 ●脚本:バカリズム ●出演:永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、勝村政信、松尾諭、丸山智己、遠藤憲一/小池栄子 ●2021年5月21日(金)より全国ロードショー

【Story】
株式会社 三富士でごくフツーのOL生活を送る田中直子(永野芽郁)。彼女たちが働く華やかな職場の裏では、営業部を仕切る佐竹紫織(川栄李奈)、開発部の安藤朱里(奈々緒)、製造部の神田悦子(大島美幸)らが激しい覇権争いを繰り広げていた。そこへカリスマヤンキーの北条蘭(広瀬アリス)が中途採用で入社。社内の抗争は混乱を極め、やがて会社の枠を超え、地上最強OLの座を賭けた戦いの幕が上がる。

バカリズムが仕掛ける“OL×女ヤンキー”

映画は、永野芽郁演じるOL直子のなんてことない朝の出勤風景に始まり、そこに直子自身のモノローグが重なります。

「政界、芸能界、会社、学校など、どこの世界にも必ずと言っていいほど、派閥というものが存在する。当然私たちOLの世界でも例外ではなく、一見平和に見える社内も、裏では熾烈な派閥争いなんかがあったりする」

なるほど~、OLたちの意外と厳しい派閥競争の話か。わかったような気になっていると画面の中で、直子の背後に、どかっっ! という衝撃音と共にひとりのOLが何者かにぶっとばされたように飛んできて、ロッカーのドアを凹まして床にずるずると落ちていきます。
「……こんな感じで。」

え~? その派閥争い、裏じゃないね。表だね!――そんなふうに、映画『地獄の花園』は始まります。つまりこれは一見平穏なOL界の裏でド派手に展開する超・過激な女ヤンキーもの。OLあるあるな日常のドラマと、こんなのあるかよ! 的女ヤンキーバイオレンスという、初めて聞いた組み合わせをナチュラルに融合させた映画なのです。

脚本を手掛けたのがバカリズムと聞くと、そこには奇妙な説得力が漂います。なぜそんなにOLの世界が好きなんだバカリズム! 『架空OL日記』ではほぼすっぴん&短髪のまま本名名義(=升野英知)で主演を務め、夏帆や臼田あさ美らと肩を並べてタイトスカートにベストというめっちゃOLっぽい制服を真顔でさらりと着こなす姿に度肝を抜かれました。

彼がOLになりすまして書いたブログ→連ドラ→映画という(たぶん)本人もビックリな展開を遂げたのは、バカリズムとOLという題材があまりにも相性がよかったことの証でしょう。たいして意味のないことをお友達とひたすらにしゃべり倒してオチもないまままに終わったりする女子の会話、それをバカリズムが脚本のカタチにすると、なんだかず~っと聞いていたくなるような、クスっと笑えるセリフのやりとりになるのです。

では今回、OL×女ヤンキーものというお題への彼の答えは? いろいろな意味で限界まで振り切った、だからこそスカッと楽しい。そして間違いなく過激なバトル・ロワイヤルものなのでした。

フツーのOLである直子(永野芽郁)と友達になる、中途採用の蘭(広瀬アリス)。蘭はケンカがめっちゃ強いけど、OLの仕事は不得意。
1 2