堅実女子ニュース&まとめ 持ち家と賃貸、マンションと戸建て……みんなが将来住みたいのはどっち?

新型コロナウイルスの影響により在宅ワークが進み、私たちのライフスタイルにもさまざまな変化が。令和時代の最新住宅事情はどうなっているのでしょうか。

住む場所、家の間取りも、これまでの希望条件とは変わってきたのでは?

注文住宅の基礎知識や全国のハウスメーカー・工務店の情報を発信するメディア「おうちパレット」は、住宅に関する調査を実施。長年議論され、未だ結論が出ていない「持ち家派vs賃貸派」についても聞いています。

ズバリ! 持ち家派? それとも賃貸派?

将来、住宅は「持ち家」と「賃貸」どちらに住みたいか質問したところ、約8割の人が「持ち家」に住みたいと答えています。現在は持ち家の方が圧倒的に人気のようです。

「持ち家派」が大多数となりました

「持ち家」と答えた方のコメントは、以下のものがありました。

・資産価値があり、賃貸より住みやすい(50代男性/大阪府)
・生涯この家に住めるのが気楽で良い(50代女性/長野県)
・賃貸と違って自由に使える(50代男性/大阪府)
・老後までの生活設計を考えると、資金計画が立てやすい(70代男性/福岡県)
・毎月の家賃よりローンの額の方が安いから(50代男性/千葉県)

「賃貸より自由に使える」「将来的な資産になる」「家賃がかからないから」という意見が多かったです。他にも「賃貸だとペットを飼いにくい」という意見もありました。

一方で「賃貸」と答えた方のコメントも紹介します。

・引っ越しできることが良い(30代男性/福岡県)
・住宅ローンを払うのが大変そうだから(20代女性/大阪府)
・固定資産税等の心配やリフォーム等の心配がないから(50代男性/兵庫県)
・経済的な余裕がないから(40代男性/富山県)
・持ち家だと、津波や地震で壊れたら嫌(30代女性/山口県)

「飽きたら引っ越しできる」「持ち家だと住宅ローンや税金が大変そう」「持ち家だと経年劣化や自然災害が心配」という意見がありました。また「家を買うお金がない」というコメントも多くありました。

1 2