堅実女子ニュース&まとめ シャワーで済ませている人は要注意! 免疫力アップほか、入浴にまつわる7つのホント

これからの時期はお湯につからずシャワーで済ませるという方も多いかもしれませんが、ちょっと待って!今回は、最近の検証などでわかった入浴にまつわる7つのホントをご紹介します。「お風呂に入ると深く眠れる」など入浴に関する情報は何かしら耳にされたことがあると思いますが、本当のところは一体どうなの…!?『きき湯』や『日本の名湯』などの入浴剤でおなじみの株式会社バスクリンさんに教えていただきました!

入浴は体と心に良いことがいっぱいです!

①入浴は免疫力を高める効果が!

お湯につかることで免疫力がアップします。免疫力を高めるには食事・睡眠・精神・疲労回復・運動がポイントですが、お湯につかると食事以外の4つのバランスが整いやすくなることがわかっています。しっかり体温を上げることが重要で、約40℃のお湯に15分程度つかると免疫力が高まるとされています。

②よく眠るためには浴槽浴を

シャワーを浴びた人と浴槽浴をした人を比較した実験で、お湯につかったほうが眠りにつくまでの時間が短く、途中で目が覚めることも少ないことがわかっています。
バスクリンつくば研究所フェローの石澤太市さんによると、「入浴によって体温が上昇することで、その後の睡眠だけでなく起床時の目覚めが良くなることもわかっていますよ」とのこと。

湯船につかると浮力作用でリラックスできる

入浴には「浮力作用」があり、プールなどに入ったときと同様に、湯船の底に体が沈んでいても浮力作用が働きます。お湯につかると体重は約9分の1程度になり、普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から解放されて脳の緊張も緩和されます。結果、気持ちがリラックスするのです。

④入浴後1時間半から2時間がスムーズに眠れる時間帯

人の体は体温が下がるときに睡眠に入りやすい仕組みになっています。
入浴すると温熱作用により体温が上昇し、入浴後は手足から放熱して次第に体温が下がります。入浴後1時間半から2時間が体温下降の幅が大きく、スムーズに睡眠に入れます。 お風呂から上がったら交感神経を刺激するパソコンやスマホなどの使用を避けて、のんびり過ごしましょう!

⑤運動前の入浴でパフォーマンスが向上する

運動パフォーマンスを高めるためには、運動前のウォーミングアップで体温や筋温を上げることが重要だと言われています。これを入浴の温熱作用で代替できるのか、運動前に入浴をしてパフォーマンス向上につながるか検証(※)しました。結果、運動前の入浴で運動パフォーマンスが向上する可能性が示唆されました。

⑥入浴はメンタル低下を抑える!

2012年、バスクリンは専修大学スポーツ研究所とともに、女子レスリング選手11名を対象に、シャワー浴と浴槽浴の違いが強化合宿中のコンディションにどのような影響を及ぼすか検証を行いました。その結果、浴槽浴をした人のほうが活気があり、抑うつや疲労感が低いことがわかりました。
お風呂につかることは精神面にとっても大切なんですね。

※2019年バスクリンと順天堂大学の共同検証。

42℃以上の熱いお湯は注意。38~40℃の湯だとリラックスできる

42℃以上のお湯は交感神経を優位にして興奮状態となり、覚醒感をもたらします。一方、38℃~40℃程度のぬるめのお湯は、副交感神経を優位にして心身がリラックス状態に。好きな色や香りの入浴剤を活用すれば気持ちがより軽やかになりますね。

好きな入浴剤や香りで充実したバスタイムを。

いかがでしたか?免疫力がアップして生活リズムまで整うなんて入浴ってすごいですよね。

「入浴剤を使うと温浴効果が高まり疲労回復を促します。香りで気分がリラックスするなど、入浴の効果を高めますよ」(石澤さん)とのこと。
毎日のお風呂時間で心身共にリラックスして健康を維持していきましょう!

バスクリン
入浴と健康の情報ページ「はぴばす」www.bathclin.co.jp/happybath/