堅実女子ニュース&まとめ 6割の女性があるある! と回答。男性からの「気遣い」と「ありがた迷惑」は紙一重!?

年末年始のイベントシーズンを前に、新たな恋を探している人もいるのでは? 異性と接するなかで「うーん、ちょっと違うんだよなぁ……」と、的外れな気遣いに困った経験はありませんか? 恋愛・婚活マッチングサービス「pairs(ペアーズ)」の調査によると、男性の気遣いで「困った経験」があると回答した女性はなんと6割! アンケート結果から見えてきた傾向をご紹介します。

「気遣い」と「ありがた迷惑」は紙一重!?

男性の気遣いで「困った経験」があると回答した女性は59.7%! 過半数以上の女性が男性が良かれと思った行動に困った経験があることが明らかになりました。

男性の気遣いで「困った経験」はありますか?
はい 59.7%
いいえ 40.3%

では、具体的にはどのような気遣いに困ってしまったのでしょうか?

 

困った気遣い1:過剰なレディファースト

・「公園で一休みする時に、ベンチにハンカチを敷いてくれたこと。ちょっぴり引きました」(35~39歳・看護師)
・「映画デートの時、ブランケットを持参してきて貸してくれた男性。せっかくなのでお借りしましたが、館内でも借りられるし、そんなに冷え性でもないんです……」(25~29歳・福祉/介護)
・「必要以上の気遣いには困っちゃいます。例えば階段を降りる時に『足元、気をつけてね』といちいち言われるなど。階段くらい普通に降りられます」(25~29歳・接客業)
・「座る時にイスを引かれたり、マフラーをかけられたり。“いかにもレディファースト”な行動をされるとちょっと恥ずかしくて戸惑いますね」(30~34歳・調理師/栄養士)

男性は「女性が喜ぶ」と思っているレディファーストなのでしょうが、やりすぎは困りもの。男女間で求めているものにズレもあるのかもしれませんね。映画やマンガにでてくるような扱いはちょっと……と思ってしまうのもうなずけます。

困った気遣い2:度を超えた気遣い

・「割り勘を申し出ているのに、デート代はもちろん、電車代まで出すと言ってくれること。うれしいけれど、申し訳ない気持ちのほうが大きくなってしまう」(18~24歳・会社員)
・「自分で持ちたいのに、バッグや荷物を無理やり持ってくれること。逆に気にしてしまう」(25~29歳・教育関連)
・「お土産を良く買ってきてくれるけれど、お返しなどで気を遣うことになるからありがた迷惑なのが本音です」(30~34歳・教育関連)
・「料理の取り分け。少しでよかったのに、たっぷり取り分けられて困ったし、私以上に女子力高いとかえって気を遣っちゃう」(20~24歳・会社員)

相手からの好意を感じるからこそ、むげにはできなかったりと難しいところ。実は「ありがた迷惑」と思っている人も……!

どんなことでも「やりすぎ」はNG。自分の行動も振り返ってみましょう。

どんなことでも「やりすぎ」はNG。自分の行動も振り返ってみましょう。

1 2