堅実女子ニュース&まとめ スマホのバッテリー、残り何%で不安になる?

今や生活必需品であるスマートフォン。堅実女子のみなさんはバッテリー切れに焦った経験はありませんか?「急ぎの電話をしなければいけないのにすぐ切れそう」「待ち合わせの場所がわからないのに検索できない」など、冷や冷やしたことがある人は少なくないのでは?

バッテリー切れまでのカウントダウン、恐怖です

バッテリーの残りがどれくらいになると不安になるのかなど、LINEリサーチは全国の男女5252人を対象にスマホのバッテリーに関するアンケート調査を実施。その結果をご紹介します。

スマホのバッテリー、残り何%くらいで不安になる?

まず、ふだん出かけているときに、スマートフォンのバッテリーの残りが何%くらいになると不安になるか聞きました。

約半数の人はバッテリーが「20%~30%」になると不安を感じている

全体では「20%」と「30%」がもっとも多く、合わせると5割弱という結果になりました。すべての年代で「20%」、「30%」と答える人の割合が高くなっています。

「50%」以上残っていて不安になる人は全体で2割強ですが、40~50代では3割弱と割合がやや高まります。40~50代は「40%」で不安になる人の割合も他の年代に比べてやや高い傾向にありました。年代が上がるほど、バッテリーの残量が半分近く残っていても不安になる傾向があるといえそうです。

一方「10%」や「10%未満」で不安になる人の割合は、40代以降に比べて10~30代でやや多くなる傾向がみられます。特に10代は10%以下で不安になる人が他の年代に比べて若干割合が高く2割弱でした。

すぐに充電が難しいときは、少しでもバッテリーを長持ちさせたいですよね。そんなとき、みんなはどのようなことをしているのでしょうか?

1 2