堅実女子ニュース&まとめ 一人暮らしの部屋に“なくて後悔した設備”ランキング、2位追い炊き機能、1位は?

新居を選ぶとき、立地や間取りも大切ですが、暮らしやすさを考えたとき、建物や部屋の設備や仕様は大きなポイントになりますよね。

一人暮らしの部屋に備わっていて欲しい設備って?

株式会社リクルートが運営する住宅サイト「SUUMO」は、関東において一人暮らしをしている20~30代男女416人を対象に「住まいの設備」についてアンケート調査を実施。その結果をご紹介します。

付いていて当たり前と思う家の設備・仕様ランキング

まず、賃貸住宅の設備・仕様で「付いていて当たり前」「付いていないと部屋を借りない」というものを答えてもらいランキングにしました。

1位は「バス・トイレ別」!

5位までの「バス・トイレ別」「エアコン」「クローゼット」「フローリング」「2階以上」は、2017年の前回調査から不動のトップ5となっています。
また、6位の独立洗面台までは、男女による順位の違いこそあるものの、共通して上位にランクインしています。これらは多くの人が付いていて当たり前と考えているようです。

7位以降は男女それぞれの違いが見受けられました。
まず、男女で大きく違うのは、女性の数値が全体的に高く、設備・仕様に対する要望は男性より女性のほうが高めであるようです。
女性は「2階以上」「TVモニター付きインターホン」「オートロック」などセキュリティに配慮した設備・仕様へのこだわりが男性に比べて高いという結果に。また「コンロ2口以上」「ガスコンロ付きキッチン」など、料理のしやすさへのこだわりも強いといえそうです。
一方、男性は「マンション(鉄筋コンクリート構造)」の順位が女性より高く、建物の構造への関心が強いことがうかがえます。

セキュリティに配慮した設備・仕様は気になるポイントです
1 2