堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で女性の6割が「一人旅をしてみたくなった」理由

「ステイホーム」などコロナ禍による行動範囲の制限で、なかなかお出かけができない今。早く羽を伸ばしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

スターツ出版株式会社が運営する女性サイト「OZmall(オズモール)」では、首都圏に住む女性OZmallユーザー約900人を対象に、コロナ禍での「女性の一人旅事情」についてアンケートを実施しました。

その結果、コロナ禍の影響で「一人旅」に対する関心が高まっていることがわかりました。一人旅をしたいと思ったきっかけや実際に一人旅をするにあたって気になることについても明らかに。今、一人旅が求められる理由について、詳しく見ていきましょう。

一人旅の未経験者が約4割!コロナ以前から一人旅にハマっている人も

全体の56%が一人旅の経験ありと回答!

まずは、「一人旅を何回したことがある?」という一人旅の経験に関する質問を投げかけてみました。その結果、一度もないと答えた方が44%と、半数近くが経験なし、ということがわかりました。

女子旅という言葉が広まっている影響もあり、友人同士や母娘旅などで旅行に出掛けている人が多いようです。

その一方で3割弱の人が6回以上の一人旅を経験していると回答。なかには、コロナ以前から一人旅にハマっている人もいらっしゃるようですね。

コロナ禍の影響で「一人旅をしてみたくなった」と答えた方が約6割!

約6割が一人旅に興味あり!

「コロナ禍となり、一人旅をしてみたくなった?」という質問に対して、「はい」と答えた方が61%、「いいえ」と答えた方が「39%」と約6割の方が一人旅に対して前向きな回答が寄せられました。

「一人旅したいと思ったきっかけ」はリフレッシュを希望する方が多数?

コロナ疲れで癒しを求める方が多い模様。

一人旅に興味を示す女性達に対して「一人旅したいと思ったきっかけは?」という質問をしたところ、255人の方が「リフレッシュしたくて」と回答。

続いて「その土地の魅力(景色・食・観光地など)」という結果に。以前の同調査と比較して「その土地の魅力」や「自分へのご褒美」などを抑えて「リフレッシュ」が1位に浮上しました。

コロナ禍でリモートワークの普及や外食の時間制限などの影響で、気分転換を求める方が多いようです。

その他にも「自分へのご褒美に贅沢したくて(137人)」「ひとりの時間が欲しくて(130人)」など、自分時間を有意義に使いたいという意見が多数。旅行で少しでも日常に変化をつけたいという方もいらっしゃるようです。

またなかには、「誰とも予定が合わなくて仕方なく」という少数意見もあり、コロナ禍の今、誰かを誘いにくいことも一人旅ニーズの高まりにつながっているよう。密を避けた旅行として、一人旅に出かけたいと考える方もいるかもしれませんね。

治安への不安視が多数!食事や時間の潰し方など過ごし方に関する回答も

「治安」への不安視など女性ならではの回答結果に。

最後に「一人旅で不安なことは?」という質問に対し、202人が治安に関して不安と回答。女性の一人旅は、国内外問わず身の安全を確認しながら旅行することも大切ですね。

またその他に、「一人での食事(179人)」「時間の潰し方(140人)」「宿泊施設の居心地(107人)」など、旅行中の過ごし方に対する不安も目立ちました。

ひとり時間をどう過ごせるのかも気になるポイントのようです。

一人旅に興味がある人へ経験者からのアドバイス。

不安もあるけれど、自由に旅できるのは魅力的!

・まずは近場、例えば2時間程度で行けるおひとり様歓迎の温泉宿などからスタートすると、不安もなく楽しめると思います(ころりんさん)
・移動手段が侮れないので、駅近に観光地が集まるところや送迎付きのところが安心かも(amiさん)
・すべてに余裕を持って!! 時間も気持ちもお金も全部。不測の事態も楽しむくらいでちょうどよい(わふぞうさん)
・ある程度の予定は立てておいた方がスムーズに動けていいと思う(あんさん)

初めての一人旅は、不安な点も多いですが、友人や家族と行く旅行とまた違った楽しみ方ができるでしょう。経験者のアドバイスを参考に治安対策や過ごし方を工夫しながら、自分だけの時間を楽しんでみるのもいいですね。