堅実女子ニュース&まとめ 47都道府県のイメージ調査、健康に良い暮らしができそうな県1位は?

47つある都道府県もそれぞれの地域によって異なる特色がありますよね。堅実女子のみなさんの出身地には、どんな特徴がありますか?

株式会社ジェイアール東海エージェンシーでは、首都圏・関西圏の在住者約7,000人を対象に「産業」「暮らし」「観光」の3カテゴリを軸に各都道府県ごとのイメージ調査を行いました。カテゴリーごとにランクインした都道府県をご紹介します!

産業(観光)のイメージが強いのは古い歴史を持つ「京都」が1位に!

首都圏在住者・関西圏在住者が選ぶ産業(観光)イメージはどちらも同じ結果に!

産業(観光)のイメージに対する首都圏在住者・関西圏在住者の回答は共に1位が「京都府」、2位が「沖縄県」という結果に。TOP5にランクインした5つの都道府県は、全て一致しているため、関東・関西どちらも同じイメージを持っていることが明らかになりました。

またそのうち、3つの都道府県(京都府・奈良県・大阪府)が関西エリア。関西に対する観光のイメージがとても強いようです。

その他にも農業に関しては「新潟県」が1位と回答。コシヒカリや魚沼などのお米、桃や洋ナシなどのフルーツ、野菜類など数多くの特産品を有しているのも一つの理由でしょう。

また「漁業・水産」の観点からは、海に囲まれている「北海道」が1位に。3つの産業イメージとしてトップに躍り出たそれぞれの都道府県は、国内全体として産業イメージが強い模様です。

暮らしのイメージが最も高かったのは自然豊かな「山形県」

東北エリアが暮らしやすいイメージに浮上!

「この地域での暮らしは健康によさそう」 という47都道府県全体で最も暮らしのイメージが高かった1位は、首都圏在住者・関西圏在住者ともに「山形県」。

続いてランクインした「秋田県」も関東・関西共に2位という結果となりました。子育ての視点からは、首都圏在住者の1位が「静岡県」、関西圏在住者の1位が「北海道」。

子育てを行うにあたって環境が良いイメージには静岡県と北海道がランクイン。また「地域コミュニティが強く助け合いができそう」というイメージには、首都圏在住者・関西圏在住者ともに「青森県」と回答。

特にこのイメージは、他にも秋田県や山形県、岩手県など東北エリアに対してが強いようです。また教育面からの視点では、東京都がランクインしました。お買い物などの視点では、関東・関西それぞれの主要都市である東京都と大阪市の名前が上がったそうです。

景色・景観のイメージは広大な敷地を持つ「北海道」がトップに!

沖縄や京都などイメージが連想しやすいエリアが上位に!

47都道府県全体の観光(景色・景観)のイメージとして名前が上がったのは「北海道」。広い敷地を持つ北海道は、エリアによってもさまざまな景色を楽しむことができます。

また季節によっても大きく変化することも理由の一つと考えられるでしょう。他にも「自然体験・アウトドア・スポーツ」や「ご当地グルメ」の観光イメージにも北海道がピックアップ。雪が降ることでのスキーのイメージや海鮮や乳製品、野菜にお米などさまざまなご当地グルメを有するイメージが強いようです。

様々な景色が楽しめる地域が選ばれました

その他、温泉として「大分県」が1位にランクイン。歴史や文化において「京都府」がピックアップされるなど、各地域によって人気のアクティビティや観光スポットなどがイメージとして結び付けられていることが明らかとなりました。みなさんの出身地のイメージも是非チェックしてみて下さいね。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象者:首都圏および関西圏在住の男女20~69歳(性年代均等割付)
一人当たりこれまで住んだことのない5都道府県(ランダム)について回答
サンプル数:7,330(1県あたり730-1,000s)
調査期間:2021年3月26日(金)~3月29日(月)
調査内容:
・「産業」「暮らし・生活環境」「観光」それぞれの認知度
・業種別の産業イメージ
・暮らしや生活環境のイメージ
・観光イメージ
・旅行やワーケーション、移住先等としての興味・検討度