堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で探偵事務所に依頼した調査内容TOP3、3位不倫、2位浮気、1位は?

コロナ禍による生活の激変によって、パートナーとの関係が変わってきたという人も多いでしょう。自粛生活によって関係が良くなったという人もいれば、逆に関係が悪化し、浮気や不倫、離婚…などの問題に直面しているという人もいるはず。そんな問題を抱えた時、ふと相談してみようかな……と思うのが「探偵事務所」。なかなか人には相談しにくい内容ですが、探偵事務所を利用している人は意外といるようです。

RCL探偵事務所を運営する株式会社RCLが行った調査によると、「直近1年以内に探偵事務所に依頼した内容」は、「浮気調査」が約3割、「不倫調査」が約2割と半数がパートナーの浮気・不倫関係であることが明らかに。また依頼者の77%が相談後に浮気・不倫の証拠をきちんと押さえることができたとか。

そこで今回は、探偵事務所の浮気・不倫調査事情についてピックアップ。今まさに問題を抱えている人はもちろん、今は関係ないと思っているあなたも今後のために要チェックです!

探偵事務所の調査内容「素行」4割、「浮気」3割、「不倫」2割

直近1年以内に探偵事務所に依頼したことがある1025人を対象に行った調査によると、最も多かった内容は「素行調査」で40.3%、次いで「浮気調査」で30.6%、「不倫調査」18.4%と続きました。ちなみに「素行調査」とは、対象者の行動の証拠をつかむための調査。従業員の身辺調査などが含まれますが、恋人や配偶者による不貞行為の証拠を押さえるための調査が含まれることもあります。

パートナーの身辺調査のために結婚前調査を行う人が8%も!

探偵事務所を利用した理由については、「しっかりとした証拠を突き止めたい」(50代女性)や「疑惑を自ら解明するにはリスクがあったから。やはりプロに依頼するべきと思ったから」(50代男性)など。離婚準備をするために依頼するという人も少なくないようです。

コロナ禍で浮気・不倫をされた人が増えている!?

上の調査で、コロナ禍で探偵事務所に自ら相談に行った人の約半数が浮気・不倫関係とわかりましたが、実際にコロナ禍での浮気や不倫は増えているのでしょうか? アンケートにて「コロナ禍で浮気や不倫をされた友人や知人がいるか」についても尋ねたところ、「いる」と答えた人は71.3%、さらに「その友人や知人が探偵事務所に依頼をしていたか?」という質問に対しては、「していた」という人が44.5%もいることがわかりました。

一緒にいる時間が増え、相手の不審行動が明らかに

コロナ禍で浮気や不倫問題に直面している人が増えていることがわかりましたが、実際にパートナーの浮気や不倫はどうしてわかったのでしょう。疑い始めたきっかけについて尋ねてみると、「リモートワークなのに外出が増えた」「家の中でもスマホを持ち歩く」など、一緒にいる時間が増えたことで相手の不審な行動に気付くようになったという意見が多数でした。

■コロナ禍で浮気・不倫を疑ったきっかけ■
・スマホをずっともってるようになった(30代女性)
・緊急事態宣言中なのに帰りが遅い(30代女性)
・行動範囲ではない疎かったジャンルの知識を話す(50代女性)
・在宅勤務が基本にも関わらず、出掛ける機会が増え不審な行動が増えた(50代男性)

では実際に探偵事務所に依頼をした場合、どれくらいの期間で証拠を押さえることができるのでしょうか? 

探偵事務所には女性スタッフも多いので、パートナーとのトラブルも相談がしやすいかも。
1 2