堅実女子ニュース&まとめ 今年の夏休みは「予定なし」が約6割!残り4割が計画している予定とは?

コロナ禍で迎える2年目の夏。自粛生活はもううんざり…と思っていても、やっぱりまだ堂々と出かけられる状況ではないのが現実。くらし情報メディア「ヨムーノ」を運営する株式会社くふうカンパニーが行ったアンケートによると、今年の夏休みの予定を立てている人は少数派。6月1日の時点で「予定なし」と答えた人が約6割であることがわかりました。一方で人混みを避け、少しずつ外出を予定している人もちらほら。そこで今回はみんなの夏の過ごし方について調査。「外出ができない」「旅行に行けない」ことでストレスを感じている人が行っているストレス発散法も合わせてチェック!

夏休みは「家族でBBQや縁日などのイベントに行く」予定の人が1割

夏休みに向けて計画していることがあるかを尋ねたところ、最も多かったのは「予定なし」で58.3%。次いで「家でBBQや縁日などのイベント」という人が10.0%でした。コロナ前の夏休みの予定として多かった「旅行」や「キャンプ」はそれぞれ6.7%とかなり少数。外出する予定と答えた人も、「車で行ける範囲」「人の少ないところへ家族だけで旅行」「貸別荘で過ごす」など、混雑を回避し、コロナ対策をきちんと行った上での外出を計画している人が多そうです。またさらに少数派になってしまった「帰省」に関しては3.3%。高齢者がいる実家への帰省については、今年も見送るという人が多いようです。

コロナ禍で人気上昇中の「キャンプ」も1割弱

今、ストレスを感じている人は約7割、最大の理由は「外出できない」

現在ストレスを感じているかを尋ねたところ、「とても感じている」という人は30.0%、「どちらかというと感じている」という人38.3%と合わせると、約7割が何かしらのストレスを感じていることがわかりました。

3人に2人はストレスを感じている
夏休みの予定が立たないことでストレスになっている人も…
1 2