堅実女子ニュース&まとめ 10代が選んだ注目の若手男性アスリートランキング、2位大谷翔平選手、1位は?

いよいよ世界的スポーツの祭典、東京オリンピックの開催が迫ってきました。どのように行われるのかなどもまだまだ気になりますが、さまざまな競技において選手の出場内定のニュースが続き、スポーツへの注目が高まっています。

あなたが夢中になっているスポーツ、選手は?

日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」はユーザーを対象に、注目する若手男性アスリートについて調査を実施。今、10代はどのアスリートに注目しているのでしょうか?

10代1,200人が選ぶ「注目の若手男子アスリート」トップ10

第10位 宇野昌磨(フィギュアスケート)

平昌オリンピックで銀メダルを獲得した宇野昌磨選手が10位に。インタビューでの自然体な素顔も話題になりましたね。「顔がめっちゃかわいいし演技も上手い」「イケメン」「まわるのが美しい」との回答もあり、氷上で舞う姿に心を奪われる人が多数!

第9位 張本智和(卓球)

9位は「チョレイ!」の掛け声で知られる卓球の張本選手。まだ18歳という若さですが、日本を代表する卓球選手として活躍中です。「叫び声がかっこいい」「一際若く、それでいて実績を残しているから応援している」と、18歳で日本をけん引する姿に驚きの声もありました。

第8位 萩野公介(水泳)

ロンドンオリンピック・400m個人メドレーで銅メダル、リオデジャネイロオリンピック・400m個人メドレーで金メダル、200m個人メドレーで銀メダルなど、オリンピックでの活躍がめざましい萩野選手。今夏のオリンピックにも出場が決まっており、3大会連続で五輪出場となります。自身の限界に挑戦し、日々の練習に励む荻野選手。その圧倒的な強さで世界を相手に戦う姿に期待です!

第7位 平野歩夢(スノーボード)

2014年のソチオリンピックで銀メダルを獲得した平野選手。当時15歳だった平野選手は、冬季オリンピック日本人選手史上最年少メダリストとなりました。2018年からは、スケートボードにも挑戦しています。「自分もスノーボードをやっている」「出身地が同じ」など、関わりの深さから応援している人も多いようです。

第6位 久保建英(サッカー)

スペイン、イングランド、イタリア、ドイツの欧州4大リーグで、日本人史上最年少となる18歳2カ月28日で試合出場するなど、次々と記録をぬりかえる日本サッカー界期待の星、久保選手。「最年少でスペインで試合出場していることもあり実力が気になる」「ヨーロッパでも活躍しているし、これからも最年少記録を作って欲しい」と、その実力に期待する声が多く集まりました。サッカー好きの10代にとっては憧れの選手です。

1 2