堅実女子ニュース&まとめ ちょっと深刻……。職場の人間関係が良好と感じる人が3割しかいなかった

会社を辞める理由として、いつの時代も上位にランクインするのが「職場の人間関係」の問題です。確かに人間関係が良好だとつらい仕事も耐えられるけれど、良くないと仕事が楽でもメンタルを崩すこともありますよね。ただでさえ新型コロナウイルスの影響によって全世界が混乱し、メンタルが不安定になっている人が増えています。世のビジネスパーソンの職場の人間関係は、どんな状況となっているのでしょうか?

職場の人間関係を「気にしていない」=「問題なし」では決してない

日本労働調査組合では全国の20~49歳の会社員の男女520名を対象に「職場の人間関係に関するアンケート」を実施。まず「職場の人間関係について教えてください」と質問したところ、結果は以下の通りとなりました。

職場の人間関係が良くても悪くても気にしない人が一番多いのは、それはそれで問題?

「良好」と回答した人は32.1%。半数にも満たないことが判明しました。一方で「職場の人間関係に疲れている、悩んでいる」「職場の人間関係にストレスを感じている」と回答した人の合計は29.5%にとなっています。

が、一番多かった意見は「特に気にしていない」(38.7%)。新型コロナウイルスの影響によって飲み会がなくなったりテレワークが普及するなど、職場でのコミュニケーションがそもそも少なくなってきていることが影響していそうです。ただ同調査より寄せられた自由回答によると、こちらを選んだ人からは「多忙すぎて関心を持つ暇さえない」「気が合わない人がいても、どちらかが異動すれば接する機会がなくなるので我慢する」との声もありました。人によっては人間関係を気にしていないからといって、職場関係に問題ないわけでは決してなさそうです。

1 2