堅実女子ニュース&まとめ 会社に英語で電話が……「折り返しお電話させましょうか」って英語で言える?

グローバル化が進むなか、国内の企業であっても英語での電話応対を求められる可能性は十分考えられます。受話器の先で「Hello!(もしもし)」と話す相手に、あなたならどう返事をしますか?

担当者への取り次ぎや不在時の対応など、英語での電話で使える便利フレーズをご紹介します。

英語の電話応対は、いくつかの単語&フレーズを知っているだけで上手に乗り切れます。予期せぬ事態もスマートに対処するために、電話応対で使える英語フレーズをチェックしていきましょう。

知っておいて損はない!電話応対で使える英語フレーズ

まずは会社名を伝える

英語で電話を受ける際は、まず会社名を告げましょう。前後には何もつけずに、会社名だけを伝えればOKです。より丁寧に対応したい場合には、以下の例文を使いましょう。

あなたがスーツウーマン証券会社(Suits woman securities)で働いていると仮定して、電話応対にトライしてみましょう。まずは社名を伝えて、それから……?

例)Thank you for calling Suits woman securities. This is 〇〇 speaking. May I help you?(お電話ありがとうございます。スーツ証券会社の○○です。どのようなご用件でしょうか?)

自分宛ての電話の場合

電話に出てみたら、自分宛てだった! そんなときに使える英語フレーズをパターン別にご紹介します。

知らない相手からかかってきたパターン
知らない相手から自分宛ての電話がかかってきた場合、「This is she.(それは私です)」が使えます。

相手:Hi, may I speak to Ms.〇〇?(こんにちは。〇〇さんはいらっしゃいますか?)
自分:This is she. How can I help you?(私が〇〇です。いかがなさいましたか?)

知っている相手からかかってきたパターン
知っている人からの電話であれば、具体的な用件を聞く前に「お元気ですか?」や「おひさしぶりです」などの挨拶を付け加えるのがベスト。これは日本と同じですね。

例)Hi, Mr.Smith. How are you? (スミスさん、お元気ですか?)

次のページでは、電話を取り次ぐ場合の英語フレーズをご紹介します!
あなたはスマートに言えますか?

1 2