堅実女子ニュース&まとめ 「真摯に取り組む」はどんなときに使う?意味と使用例、類語も紹介

『真摯に取り組む』という言葉をどんな時に使うのか明確に答えられますか?ビジネスシーンで使いやすい便利な表現のため、意味や類語を把握しておくと役立ちます。使える場面や注意点など、分かりやすい例文とともに解説します。

「真摯に取り組む」の意味と類語

(出典) pixabay.com

言葉を正しく使うためには、意味をきちんと把握することが大切です。意味と合わせて類語についても確認しましょう。

真面目な姿勢で対応すること

『真摯(しんし)』は、『本当・偽りがない』という意味の『真』と『まじめ』という意味の『摯』から成り立っています。二つの漢字が合わさり、『真面目でひたむきなこと』を表しています。

『真摯に取り組む』は、『真面目な姿勢で対応すること』という意味です。物事に対して一生懸命で熱心な様子を表します。

類語表現はどんなものがある?

『真摯』の類語には、『真面目・真剣・熱心・精力的・ひたむき・一生懸命・本気』などが挙げられます。これらの言葉に『取り組む』を付けることで、似たような意味として使用可能です。

例えば「何度失敗しても、ひたむきに取り組む姿勢に心が打たれた」「偉業を成し遂げられたのは、精力的に取り組んだ結果だ」のように使えます。

「誠実」とは使う対象が異なる

『誠実』は、『真心をもって人に対することやその様子』を表します。類語にも含まれますが、使う対象が異なる点に注意しましょう。

『真摯』は『物事に対する姿勢』に対して使用し、『誠実』は主に『自分または他人の人柄や性質』に対して使用するという違いがあります。例えば、『結婚相手には真摯な人が好まれる』や、『研究に誠実に取り組む』とは基本的に使いません。

「真摯に取り組む」の使い方

(出典) unsplash.com

『真摯に取り組む』は、どのように使えばよいのでしょうか?使用に適した場面や注意点を紹介します。

ビジネスや改まった場面に適した言葉

『真摯に取り組む』は、かしこまった堅い響きのある言葉のため、日常会話ではあまり使われません。ビジネスシーンをはじめ、改まった場面やフォーマルな場面に適しています。丁寧な表現のため、目上の人に対しても使えます。

例えば、職場で新たな任務を与えられたときなどに、「一生懸命取り組みます」などと言うと、軽く聞こえたり稚拙な印象を与えたりすることもあるでしょう。『真摯に取り組みます』とすることで、ビジネスにふさわしい堅実できちんとした印象に変わります。

「何に」「何のために」を加えて使う

使用する際の大切なポイントは、『何に』『何のために』を加えて、より具体的に伝えることです。ビジネスシーンでよく使われる表現だからこそ、上辺だけの言葉のように軽く聞こえてしまうことも考えられるためです。

また、あえて言葉にしなくても話の流れで何を指しているのか分かることもありますが、言葉にしないと伝わらないことや誤解を招くこともあります。リスクを回避するためにも、何に対して真剣に取り組むのか、目標を明確にする表現を加えることが大切です。

例えば、『来年は売上を倍に伸ばせるように』と一文を加えると、より明確になり熱意も伝わりやすいでしょう。

「真摯に取り組む」の使用例

(出典) pexels.com

意味や使い方を知るだけでなく、実際に自信を持って使いこなせるようになることが大切です。二つの異なる使用場面を想定して例文を紹介するので、アレンジして使ってみましょう。

「頑張ること・励むこと」の意思表明に

職場では仕事に対して『頑張る・励む』と意気込みを意思表示する場面が発生します。そのようなときに、『真摯に取り組む』が使われることも少なくありません。

例えば、新しい部署に異動になったときのあいさつや、それまでの実績が認められ重要なポストを任せられたときなどに使えます。

・〇〇部に配属になりました〇〇です。至らない所が多々あると思いますが、任された業務に真摯に取り組んでいきたいと思っております。よろしくお願いいたします

謝罪と改善の意思を伝えるときに

ミスやトラブルで迷惑を掛けてしまったときなど謝罪と改善の意志を伝える場面で、『真摯に取り組む』が使えます。

職場では、数字を打ち間違えてしまったり、連絡ミスで納期が遅れてしまったりと、さまざまなミスが発生します。時には取引先に多大な迷惑を掛けてしまうようなこともあるでしょう。

今後の付き合いに影響することもあるため、謝罪とともに改善の意志を伝える必要がある場面で使います。

・社内の連絡ミスにより、大幅に納期が遅れ多大なご迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ございませんでした。今後このようなことが起こらないように、改善に向け真摯に取り組ませていただきます

まとめ

『真摯に取り組む』は、『真面目な姿勢で対応すること』という意味があります。

ビジネスシーンなど改まった場面で使われることが多く、意気込みを伝えるときや謝罪のときになどに使われます。使うときは、何に対してのことなのか、対象や目標を明確にすることが大切です。