堅実女子ニュース&まとめ 既婚男女の2人に1人が「今の結婚相手以外に過去に結婚を考えた人がいた」

「今の彼氏と本当に結婚していいのかな?」とか、「恋愛経験が少ない私はどんな人と結婚すれば幸せになれるのかな?」とか、パートナーがいてもいなくても結婚に対する悩みは尽きないですよね。結婚後に後悔をしないためには結婚前の見極めが大切。そう考えると、余計に一歩踏み出す勇気がないという人も多いかもしれません。

そんな時は既婚者の経験談を参考にしてみるといいのかも。今回はエン婚活エージェント株式会社が20~40代の既婚者・パートナーがいる未婚者(男女)を対象に行った調査を元に、結婚前の恋愛経験と結婚観についてまとめてみました。

未婚者の半数以上が今のパートナーとの結婚を望んでいる

まずは現在パートナーがいる未婚者に、相手との結婚についてどう思っているかを尋ねたところ、「結婚したいと思っている」という男性は52.3%、女性は61.1%と半数以上であることが判明。一方「悩んでいる」という人も少なくなく、男性は35.3%、女性は28.8%が結婚をためらっていることがわかりました。さらに1割程度は「結婚はしたくない」と考えているようです。

では「結婚を悩んでいる」や「結婚をしたくない」と考えている人の理由は何なのでしょう。男女共に最も多かったのが「結婚の決め手に欠ける」という意見。次いで「結婚後の生活がイメージできない」という理由でした。その他「生活について意見があわない」や「金銭感覚が合わない」など、価値観の違いをあげる意見も多数。一方、「この人と本当に幸せになれるか」という漠然とした不安を抱えている人も少なくないことがわかりました。交際中に感じたちょっとした違和感がモヤモヤとなり、結婚に踏み切れないという人もいるようです。

「他に気になっている人がいる」という人も1割弱。

約9割が「結婚前に複数の人と交際したい」

結婚を考えた時、自分の恋愛経験の少なさが不安になっている人も多いと聞きます。ではパートナーのいる未婚者が実際に結婚するまでに交際をしたいと思っている人数はどれくらいなのでしょう。その人数を尋ねたところ、男性の85%、女性の約9割は「2人以上」と回答。具体的には、女性の46.2%は「2~3人」、23.1%が「4~5人」でした。一方男性は、「2~3人」「4~5人」という人がそれぞれ35%程度。「10人以上」という人も23.6%と多いことがわかりました。こうして考えると、様々な恋愛経験から、異性を見る目を養い、理想の相手を見つけたいと思っている人が多いことがわかります。

既婚女性の過去の交際人数、「2~3人」が30%、「4~5人」が28%

では実際に結婚をした人はどれくらいの恋愛経験を重ねて結婚に至ったのでしょう。既婚男女に結婚をするまでに交際した人数について尋ねたところ、男女ともに約85%は「2人以上」であることが判明。具体的には、男性は「2人~3人」が最も多く38.5%、次いで「4人~5人」が24.9%でした。「10人以上」という人も13.2%いました。女性についても「2人~3人」が最も多く30.5%、「4~5人」が28.2%という結果に。「10人以上」は男性より少なく7.4%でした。やはり多くの人が過去に複数人との交際経験があり、その後今のパートナーとの結婚に至ったことがわかりました。

現在の結婚相手以外交際経験がない人も1割以上いる
1 2