堅実女子ニュース&まとめ 光浦靖子さんのように海外で学びたい!大人の留学の気になる授業料って?

2021年7月、お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子さんが留学のためにカナダへと出発しました。今回の留学計画は新型コロナウイルスのパンデミックによって延期され、1年以上を経てついに念願が叶ったのだそうです。

海外留学へ憧れている方も多いのでは?気になる費用をチェックしましょう!

働く女性のなかには、光浦さんと同じように「いつかは海外でじっくり学びたい」「異国の地で自分を見つめ直したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナが落ち着いたら検討したい海外留学について詳しくご紹介します。気になる授業料やおすすめの行き先、留学時の注意点とは?

何を学びたいかを考える

最初に明確にしておきたいのが「留学する目的」です。社会人が海外留学する場合、大きな費用がかかるのはもちろん、退職や休職、マンションの退出手続きといった事前準備が必要になります。せっかくさまざまな準備を済ませて旅立つのであれば、有意義で充実した日々にしたいですよね。

“留学=英語を学びに行く”とイメージする方も多いかもしれませんが、実は留学の目的は多種多様。英語以外の言語を学ぶ、自分の趣味を生かして見識を広げる、今後のキャリアアップに繋がるジャンルなど……まずは自分が何を学びたいのかをじっくり考えてみましょう。

行き先と費用例

今回は大人の女性の留学先として二か所例を挙げてご紹介します。実際の費用や授業内容をチェックしてみてくださいね。

エクスマルセイユ大学フランス語講座(フランス)

フランス最大の港湾都市マルセイユから車で30分ほどの場所にある、フランス南部の小さな町、エクス・アン・プロヴァンス。セザンヌでもお馴染みのこの町にあるのが、エクスマルセイユ大学です。言語クラスだけでなく、フランス文化についての授業が充実しているのも同校の魅力。町全体が美しく、ニースなどのリゾート地にも気軽に遊びに行けます。

大学周辺には、ブドウ畑やラベンダー畑も。外国人に対してフランス語を教える講座には、留学生だけでなくフランス人と結婚をした人や移民なども数多く在籍しています。

週18時間のコースを1年間受講した場合の費用は2,400ユーロ、日本円にして約31万円です。町の中心部から少し離れると家賃もぐっと下がるため、授業料+生活費を考えても比較的リーズナブルだといえるでしょう。

もっとお得に! 留学節約マメ知識
フランスで有名なパンといえば、小麦本来のうまみを存分に味わえるバゲット。食費を節約したい場合には、町のパン屋さんで本場のバケットを購入し、自分でハムやチーズを挟んだオリジナルサンドを作るのがおすすめ。ボリュームもあるのでモーニングやランチにぴったりです。

1 2