堅実女子ニュース&まとめ 英語に訳しにくい「お疲れさま」はどう伝える?無理に言うと違和感が……

「お疲れさま」は、私たちが日常的によく使う日本語ですよね。職場での挨拶や、退社時に使われたり、ひと仕事を終えた人へねぎらいの言葉として使われたりします。さまざまなシチュエーションで使えて、便利な「お疲れさま」ですが、英語ではどのように表すのでしょうか?シチュエーション別にご紹介します。

「お疲れさま」は言わない?

みなさん、暑い中お仕事お疲れさまです。……と、このように日本語で言っても違和感はありませんが、英語ではこれをどう訳すでしょうか?

“Thank you for your hard work on such a hot day!”

「暑い中お仕事していただき、ありがとうございます」と、このように訳せないこともないですが、これでは場合によっては「何で私が仕事をするのに、あなたがお礼を言うの?」という風に受け取られる可能性も否めないです。

英語では「お疲れさま」にピタリと当てはまるような言い回しがありません。日本語で「お疲れさま」は、仕事などをやり遂げた人や仕事をしている人に対して、ねぎらいの言葉としてのニュアンスがあります。ですが、英語ではそのような、ねぎらいが含まれた「お疲れさま」にピタリと当たる言葉がないため、同じニュアンスにはならないのです。

全く同じニュアンスで表すのは難しいと踏まえた上で、日本語での「お疲れさま」に代わる英語でのフレーズをご紹介していきます。「お疲れさま」は、元はねぎらいの言葉ですが、現在ではビジネスシーンでの軽い挨拶としても使われていますよね。シチュエーション別に分けて、「お疲れさま」の代わりになる英語のフレーズを考えてみましょう。

挨拶がわりの「お疲れさま」

日本では、会社などで同僚や上司、その他仕事の関係者に会ったときに、挨拶代わりに「お疲れさまです!」と言ったりしますよね。そのようなシチュエーションで、英語圏でよく使われるフレーズはこちら。

“How’s it going?”
“How’s everything?”

どちらも「調子はどう?」というニュアンスを持ち、軽い挨拶代わりに使われるフレーズです。他にも“How are you?” 「お元気ですか?」や、シンプルに“Good morning!” 「おはようございます」“Good afternoon!” 「こんにちは」などが使われます。

ねぎらいの「お疲れさま」

続いて「お疲れさま」の本来の意味である、相手をねぎらうニュアンスで使う場合をご紹介します。まずは、同僚などがひと仕事終えた時に声をかける場合には、下記のようなフレーズが使えます。

“Good Job!”
“Well done!”

こちらは「上出来だよ!」「よくやったね!」という意味を持ち、同僚や部下への褒め言葉、というニュアンスがあります。目上の人にはあまり使われません。

ひと仕事終えた、目上の相手にも使えるフレーズはこちら。

“You must be tired.”

「お疲れでしょう」というねぎらいの言葉になります。長期出張から帰ってきた人や、ハードな1日を終えた人などに向けて使えるフレーズです。

他にも、仕事を手伝ってくれた人や荷物を搬入してくれた業者さんなど、感謝を含む「お疲れさまでした!」には、こちらが使えます。

“Thank you for your work.”

「仕事をしてくれて、ありがとうございました」と言う意味になります。シンプルに“Thank you very much!”と、感謝を伝えるのでも大丈夫です。

退社時の「お疲れさま」

日本では退社する時にも、同僚や上司へ「お疲れさまです!」とひと言、声をかけますよね。そのような1日の終わりの挨拶代わりに使えるフレーズはこちら。

“Have a nice evening!”
“Have a good weekend!”

「良い夜を過ごしてください!」「楽しい週末を!」という直訳になり、仕事終わりの挨拶によく使われるフレーズです。他にも、シンプルに“See you tomorrow!” 「また明日!」“See you next week!” 「また来週!」でもいいでしょう。

そしてこちらも、退社時に使えて「お疲れさま」に少し似たニュアンスがあるフレーズです。

“Take care!”

「ケアしてね!」「カラダに気をつけてね!」という意味を持つ、軽い別れの挨拶です。体調を崩した相手に使うこともあり、その場合には「お大事に」という意味を持ちます。カジュアルな挨拶なので、親しい間柄で使われます。また、明日も会う相手というよりは、少しの間会わない場合に「気をつけてね〜」という感じで多く使われます。

メールでひと言添えたい場合

仕事でメールする時に、ひと言「お疲れさまです」と書くことで、要件に入る前のワンクッションになりますよね。そのような用途で使える英語の「お疲れさまです」に当たるフレーズにはこちら。

“Hope you are doing well”

直訳すると「お元気であることを願っています」という感じになりますが、ビジネスメールでも使える英語のお決まりのフレーズです。突然要件に入るよりも、このフレーズでワンクッション入れた方が丁寧な印象になるでしょう。

“I hope this e-mail finds you well.”も「お元気でお過ごしでしょうか」という、メールで使える挨拶。

「お疲れさま」は、ビジネスシーンではかなり多く使われる言葉のひとつですよね。海外の人からすると、“色々なシチュエーションで使えて便利な言葉”という印象もあるとか。何気なく使っていますが、挨拶とねぎらいを兼ねてコミュニケーションが取れる、良い言葉かも知れませんね。

文/まなたろう