堅実女子ニュース&まとめ いつもはしないけど……恋人が家に来る時、4割以上の女性がついしてしまうことって?

コロナ前とコロナ禍で、私たちの生活様式は大きく変わりました。それは恋人と過ごす時間も同様で、外出の頻度が少なくなり、おうちデートを楽しむようになった人も増えたのではないでしょうか。

株式会社リクルートが運営する不動産・住宅サイト『SUUMO』は、20代・30代のシングル男女を対象に、恋人との生活の実態についての調査を実施。恋人との大切な時間を過ごす部屋について、行き来する頻度、不満点などを聞いています。

いつもはしないのに、恋人が家に来るときにしてしまうことって?

恋人がいる人は4割弱。家を行き来する頻度はどれくらい?

20代・30代のシングル男女412人のうち、「恋人がいる」と答えた人は4割弱という結果に。ちなみにシングル女性のみに聞いた前々回・前回調査では、恋人がいる女性は2010年が約75%、2017年は約50%でした。

恋人がいると答えた人に対して、お互いの家を行き来する頻度を聞いたところ、「同棲している」人が約3割、同棲していない人では「週に1日程度」が最も多く、次に多い「月に2・3日程度」、「週に2・3日程度」を合わせると、恋人がいる人のなかでは半数近くが月に2~3日以上恋人の家を行き来していることが分かりました。

恋人がいる人の約半数が「月に2~3日」以上、部屋を行き来する

恋人と過ごすうえで不満なこと1位は「部屋が狭い」

続いて、恋人と過ごすうえで、部屋のどんなところが不満かを聞いたところ、1位は「部屋が狭い」(30.5%)となりました。
ただし、2位は「特にない」が26.6%となり、現状に満足している人も多いようです。

シングル女性のみに聞いた2017年の前回調査と比べても傾向に大きな違いはないものの、1位の「部屋が狭い」については、21.6%から30.5%と大きくアップしています

また、「その他」の詳細を見ると、「洗面台が独立していない(バスルームに洗面ボウルがある)」「キッチンが狭い」「トイレの便座が冷たい」など水まわり設備への不満の声や、「コインパーキングが近くにない」「ドラッグストアが近くにない」など、周辺環境に対する不満が目立つ結果となりました。

1 2