堅実女子ニュース&まとめ ポジティブになる方法って?考え方と生活習慣を変えて人生をもっと楽しく!

つい物事をネガティブに考えてしまうことに悩んでいる人は、 考え方や習慣を見直してみることで、ポジティブになれる可能性があります。ポジティブシンキングで期待できる効果とともに、日常生活を通してポジティブになれる具体的な方法を紹介します。

ポジティブの意味

(出典) pexels.com

普段『ポジティブ』という言葉を使っていても、意味をうまく説明できない人もいるのではないでしょうか?まずは言葉の意味を紹介します。

物事を前向きに捉えること

ポジティブとは『積極的』『肯定的』という意味を持ち、『物事を前向きに捉えること』を指します。

思わしくない状況でも、物事をよい方向に捉えられる『プラス思考』の類義語ともいえるでしょう。

さまざまなことに積極的に取り組んだり、未来に対して肯定的なイメージを持ったりすることも含まれます。

また、自分の人生や物事に対して楽観的で、失敗してもくよくよ悩まない人を指すときにも使われます。

ポジティブシンキングの効果は?

(出典) pexels.com

ポジティブシンキングを心掛けると、どのような効果が期待できるのでしょうか?主なメリットを紹介します。

ストレスが減って心が軽くなる

一般的にはストレスに感じられる状況でも、ポジティブな思考が持てると肯定的に捉えることができます。そのため、ストレスを感じにくく、心が軽くなるという効果が期待できます。

例えば、仕事でミスをしたときは自己嫌悪に陥ったり、落ち込んだりするものです。中には、長期にわたって引きずってしまう人もいるでしょう。

しかし、ポジティブシンキングの人は、くよくよ考えず「今後同じミスをしないようにしよう」と気持ちをすぐに切り替えられます。そのため、ストレスを抱えることも少ないのです。

恋愛も友情も出会いの幅が広がる

ポジティブシンキングの人は、人に対してもよい面を見る傾向があります。

例えば、周囲の人が『口数が少なく、何を考えているのかよく分からない』とマイナスの印象を持っている人に対しても、ポジティブな人は『余計なことを言わない謙虚な人』というようにプラスに捉えます。

相手に対して好意的な態度で接するため、恋愛でも友情でも出会いの幅が広がるのです。

また、ポジティブな人は、常に明るく楽しそうな雰囲気を醸し出しています。自然と人が寄ってきやすいため、人間関係が豊かになるというメリットもあります。

夢や目標に意欲的に取り組める

必要以上に失敗を恐れることがないため、夢や目標に向かって意欲的に取り組めるのも大きな特徴です。

物事が思うように進まなくても、否定的な気持ちになることが少なく、どんどん新しいことに挑戦し続けられます。そのため、夢や目標を実現する可能性が高いのです。

さらに、ポジティブな人の周りには自然と人が集まる傾向があることから、必要なときに力になってくれることもあるでしょう。

承認欲求が満たされることも自己実現の原動力になり、夢や目標を達成しやすくなります。

ポジティブになる方法

(出典) pexels.com

思考を変えることは簡単ではありませんが、意識することでポジティブシンキングを身に付けやすくできます。

具体的な方法を四つ紹介するので、実践してみましょう。

長所やメリットに注目する

常に長所やメリットに注目することを心掛け、習慣化させることが大切です。

例えば、恋人とデート中にけんかをしてしまったら「けんかでデートが台無しになってしまったけれど、レストランの料理はおいしかったな」というように、プラスの感情で終えるようにしましょう。

注意したいのが、短所やデメリットに目をつぶるのではなく、きちんと向き合うことです。

「どうすれば、けんかを避けられたのか」「今度からは、どうすればよいのか」と改善に向けて前向きに考えることも、ポジティブシンキングにつながります。

心地よい運動を習慣にする

自分が心地よいと感じる運動を、習慣化するのもおすすめです。複数の研究結果によると、運動をすると幸福感が増すという結果が出ているそうです。

運動量が多い方がより幸福感を感じやすいとされていますが、週に数回の運動でも効果が期待できるとされています。運動の種類は問わないため、自分が心地よく続けられるものを選びましょう。

物事をネガティブに捉えがちなときは、家の近くをウォーキングするだけでもリフレッシュにつながります。

適度な運動は、睡眠の質を向上させるともいわれています。質の高い睡眠をとることで心身ともに健康な状態を保て、ポジティブに考えやすくなるでしょう。

成功体験を積んで自信を付ける

自分に自信がないとネガティブになりがちなため、自信を付けることが大切です。自信は成功体験を積むことで増していくので、何かに取り組み達成感を得られるようにしましょう。

大きなことにチャレンジするのもよいですが、始めは小さな成功で達成感を積み重ねていくのがおすすめです。

例えば、料理や運動などであれば「前回より要領よく作れた」「体が引き締まってきた」など、自分で上達や変化を感じやすい事柄から始めてみましょう。

ネガティブな自分も受け入れる

どのようなときでも、ポジティブでいればよいというわけではありません。時には、 ありのままの自分を受け入れることも大切です。

ネガティブな自分を否定せずに受け入れることで、気持ちが楽になり、ポジティブに考えられるようになるのです。

ネガティブな気持ちになっているときは、現実を受け入れ、問題となっていることの原因を冷静に探ってみるのもよいでしょう。ノートに素直な気持ちを書くと思考が整理され、物事を違った角度から見られる場合もあります。

まとめ

ポジティブシンキングを心掛けることで、ストレスが軽減したり、夢や目標に向かって意欲的に取り組めるようになったりします。

長所やメリットに目を向けるようにし、自信を付けることでポジティブな考えに近づけるでしょう。

ネガティブな自分を否定せずに、受け入れることも大切です。まずは小さな目標を立てて、できることから始めてみましょう。