堅実女子ニュース&まとめ マスク着用時に気を付けている事ランキング、3位髪型、2位話し方、1位は?

コロナ禍の影響でマスクが必須となった今。相手の表情がイマイチ読めない……なんてことありませんか?

特に仕事でのミーティングや打ち合わせなどがオンラインで増えることもあり、画面上の相手の感情が読み取りにくいことも多いですよね。そんな時、コミュニケーションの在り方について、今一度考える方も多いのではないでしょうか。

株式会社ナガセビューティケァでは、全国の20歳代~60歳代の働く女性を対象とした‘働く女性の「目もと」に関する意識調査を実施。マスクを付ける今だからこそ、意識するパーツについて聞いてみました。

マスクの着用で日常的に意識するようになったパーツは「目もと」!

3割の方はあまりコロナ前と変わっていない様子…?

まずはマスクを着用する今、最も意識するパーツについて質問したところ、 「目もと」(44.2%)と回答する方が多く見受けられました。続いて「肌全体(32.0%)」、 「首(デコルテ)(13.0%)」と顔まわりに集中していることがわかります。

目もとは、マスクを着けていても必ず見えるところであり、他のパーツが隠れてしまう分目立つパーツでもあります。マスクでうまく相手の表情が見えない分、アイコンタクトが大切になっでくるでしょう。

マスクの着用で費やす金額と時間が減ったのは「リップメイク」!

コロナの期間に肌改善するのもあり?

続いてマスクの着用することで費やす金額と時間が減ったパーツを問いかけたところ、半数近くの方が「リップメイク」と回答しました。理由としては、口元が隠れてしまう点やマスクがリップで汚れることに対する懸念などが推測されます。

逆に金額と時間が増えたのは「肌全体のスキンケア」が最多!

その逆に費やす金額と時間が増えたところについての質問に対しては、2割近い方が「肌全体のスキンケア」に対して「増えた」と回答。マスク着用による肌荒れやニキビの増加、またこの機会にスキンケアを見直すなど、さまざまな理由で肌全体のスキンケアを気にする方が増えたことによる結果でしょう。

またかける時間が「増えた」点については、最も意識するパーツに関連する「アイメイク」が最多。目もとへの注目が集まることもあり、入念にアイメイクをする方が増えているようですね。  

目もとのお手入れは「目もと用のクリーム」が多数!

目もとクリームで気になるシワやたるみを集中ケア!

マスクで気になる目もとについて、ケア方法を問いかけたところ、「目もと用のクリーム」がマスク生活前から使用(31.0%)、 マスク生活後から使用(7.4%)しているアイテムとして共に最も多い回答になりました。

さらに目もとのマッサージが続き、マスクを着用することで目もとの細かいシワやたるみなどが気になり始める方が増えているようです。

また目もとのケアで重視する点については、「保湿」が全体の7割を占めるという結果に。さらに「シワ改善」(37.2%)や「ハリを高める」(21.6%)など、目もとの潤いに関連する回答が多く見受けられました。

1 2