堅実女子ニュース&まとめ 仕事から逃げたいと思う瞬間ランキング、2位業務量が多すぎる、最も多い1位は?

仕事をしていると「仕事から逃げたい」「会社に行きたくない」「もう辞めたい」と思ってしまうことだって、誰でも一度はありますよね。

株式会社ビズヒッツでは、仕事から逃げたくなったことがある500人を対象に「仕事から逃げたくなる瞬間に関する意識調査」を実施。アンケート結果をランキングにて紹介します!

走って逃げたいときも……。

仕事から逃げたいと思う瞬間の1位は「ミスをしたとき」!

逃げたくなる圧倒的な1位は仕事の「ミス」!

さまざまな回答が寄せられた中、仕事から逃げたいと思う瞬間の1位になったのは「ミスをした」でした。

「取り返しのつかないミスをしたとき」「会社やお客様に迷惑がかかるミスをしたとき」など、 大きなミスをしたときに逃げたくなるという人が多い様子です。 

そんなミスをしてしまったという人の中には「新聞に載るくらい」「損害賠償になるくらい」の重大なミスをしてしまったという人も……。 ミスは、誰にでもつきものと分かっていながらも、一度のミスで会社に居づらくなってしまうこともあります。また一方で、「小さなことでも落ち込む」という人もいるようです。

「ミスをした」と答えた方の体験

  • 材料の発注ミスに気づき、 どうしようもないときに逃げたくなります(20代男性、 調理師)
  • 仕事で初歩的なミスをしたとき(30代女性、 飲食業)
  • 締め切りを間違っていて、 多くの人に迷惑が掛かると分かったとき(40代男性、 広告代理店勤務)

続く2位は「業務量が多すぎる」との回答が多数!

2位にランクインしたのは、「業務量が多すぎる」でした。「やってもやっても終わらない」「自分のキャパを超えている」と感じて、 逃げたくなってしまった人が多くいました。

また「自分ひとりに大量の仕事を言い渡された」「不公平に自分にばかり仕事を割り振られた」と感じる人も。 「自分ひとりだけに過度の負担がかかっている」と感じると、 ますます逃げたくなってしまいそうですよね。

「業務量が多すぎる」と答えた方の体験

  • どう考えてもこなせない量の仕事がたまっているとき(20代女性、 事務職)
  • こちらの作業量を考えないまま、 膨大な仕事を振られたとき(30代男性、 経理)
  • 月末に忙しすぎて現場と事務の両方をこなさなくてはいけないとき(40代女性、 介護職)

3位には「人間関係がツライ」がランクイン

3位は、メンタル的なダメージも大きい「人間関係がツライ」が挙がりました。

職場での人間関係は、仕事の効率なども関係してくることも多く、辞めたくなる人も多い要素となります。またいじめを受けたり上司とモメたりして逃げたくなった人のほか、 自分は当事者ではないものの「他人同士のいがみ合いに巻き込まれそうになったとき」に逃げたくなった人もいるようです。

また入社してすぐでまだ職場に馴染めなかったころに「逃げたい」と感じた人もいました。 

「人間関係がツライ」と答えた方の体験

  • 職場の人間から嫌がらせやパワハラを受けているとき(20代女性、 事務職)
  • 嫌いな人間と数週間2人だけで現場を任されたとき(40代男性、 管理業務)
  • 職場の人間関係が悪いとき(50代女性、 スーパーのレジ)
1 2