堅実女子ニュース&まとめ 行ける日を夢見て!道の駅満足度ランキング、2位岩手県「道の駅 雫石あねっこ」、1位は?

全国には、道路利用者のための「休憩スポット」や道路利用者や地域の方々のための「情報発信スポット」としてあちこちに「道の駅」が設置されていますよね。旅先で一度は立ち寄ったことがある方も多いのではないでしょうか。

旅行情報誌「じゃらん」では、 「道の駅」の満足度に関するアンケートを実施。 今は自粛で行けない場所も、行ける時のために知っておきたいですよね!ランキング結果とともに、ランクインした道の駅の特徴をご紹介します。

【全国道の駅グランプリ2021】1位に輝いたのは、 宮城県「あ・ら・伊達な道の駅」!

1位に輝いた道の駅の満足率は8割以上に!

全国のじゃらんに掲載があるエリアの道の駅の中からアンケートを実施したところ、満足度の高い全国の道の駅グランプリを宮城県の「あ・ら・伊達な道の駅」が獲得する結果に。 2位には岩手県の「道の駅雫石あねっこ」、3位には静岡県の「道の駅 富士川楽座」が続きました。

TOP3にランクインした道の駅の満足率はどれも8割前後と、ほとんどの方が満足できると実感する道の駅であることがわかります。ここからは、それぞれの道の駅の特徴をお伝えしましょう。

「じゃらん」全国道の駅グランプリ!TOP5の道の駅の特徴を紹介 

1位:あ・ら・伊達な道の駅【宮城県大崎市】

日本らしい建物で外国人観光客にも人気!

「あ・ら・伊達な道の駅」は、宮城県大崎市の北西部にあり、 施設の充実度は東北屈指と言われる道の駅です。 岩出山周辺の特産品のほか、 おみやげの品数が圧倒的に多いことで知られています。 

また地元大崎や宮城県内の商品が約500点、さらに姉妹都市である北海道石狩郡当別町に工場があるROYCE’はなんと約300点という品揃えを誇り、全体で1,000点を超える豊富さがポイントです。

近年、 道の駅のお取り寄せが充実し、遠方への外出がしづらい状況でも自宅で道の駅気分を楽しむことができるそうです。北の特産品を取り寄せて、旅行気分を味わうのも良いですね。

2位:道の駅 雫石あねっこ【岩手県雫石町】

田んぼに囲まれた大型施設!

岩手県雫石町の緑豊かな山あいの雫石川沿いにある「道の駅 雫石あねっこ」。 物産・産直、 食事処のほか、 日帰り温泉や日本ハーブ園、 オートキャンプ場、 小柳沢砂防公園など幅広いジャンルの施設が充実。1日中満喫することができるスポットとしても人気を集めています。

またこちらもオンラインショップも開設し、 銘酒や特産品のお取り寄せが可能。大人の遊び場として人気の高い道の駅ですね。

3位:道の駅 富士川楽座【静岡県富士市】  

富士山に観覧車とまさにテーマパーク!

静岡県富士市の雄大な富士山を見ながらリフレッシュできるテーマパークのような「道の駅 富士川楽座」は、オリジナル作品が楽しめる本格的なプラネタリウムや参加体験型の科学館を備え、大観覧車も隣接しているスポットです。 

東名富士川SA(上り)に併設しているので高速からも利用できるのもポイント。産直市場やお土産処、 レストランとさまざまな施設が充実し、 海の幸から山の幸まで豊富に取り揃えています。高速を運転中の休憩スポットとして、立ち寄るのも良いですね。

1 2