堅実女子ニュース&まとめ 「無関心な人の」特徴は?無関心でいることのメリット・デメリットも紹介

他人にあまり関心が持てないことを、不安に感じている人もいるのではないでしょうか?無関心な人の特徴が自分に当てはまるか、確認してみましょう。また、無関心でいることのメリットとデメリットの両方を把握しておきたいですね。

無関心とは?

(出典) pexels.com

『無関心』とは、どのような状態を指すのでしょうか?『無頓着』との違いについても紹介します。

人や物事に関心を示さないこと

『無関心』は、何もないことを意味する『無』と、物事に心を引かれ注意を向けることという意味の『関心』が組み合わさった言葉で、『人や物事に関心を示さないこと』という意味があります。

例えば、「絵画には全く無関心で、美術館に行ったことすらない」「彼はスポーツに無関心で、オリンピックさえ見ない」のように使います。

無関心なのは、過去の経験やトラウマが原因で、自己防衛として無意識に心を抑制していることも考えられます。また、あっさりとした性格が影響していることもあるでしょう。

「無頓着」との違い

同じ意味と勘違いされやすい『無頓着』ですが、『少しも気にかけないこと』で、意味が異なります。

例えば、「SNSに無関心だ」という場合は、SNS自体に全く関心がないことを表します。自分でやっていなかったり、他人のSNSにも興味がなかったりする状態です。

一方、「SNSに無頓着だ」という場合は、自分でSNSをやったり、他人の投稿をチェックしたりはするけれど、そこまでこだわったり執着したりしないというニュアンスです。

他人の投稿を「うらやましい」と感じたり、「常に最新情報をチェックしないと不安になる」といったりしたことはなく、適度に距離を保ち、心を乱されない様子を表しています。

無関心な人の特徴

(出典) pexels.com

無関心な人には、共通する特徴があります。主な特徴を紹介するので、自分に当てはまっているか確認してみましょう。

一線を引いた人付き合いをする

無関心な人は、他人と関わることに興味がないため、一線を引いた付き合いをするのが特徴です。プライベートなことを知られたくないと思う傾向があるため、自分の話をすることも少ないでしょう。

何か質問をされても「うーん、どうかな」「特にこれといってないけれど」と、適当にはぐらかすことも珍しくありません。

また、相手のことも深く知りたいと思っていないため、会話中に質問することも少ないでしょう。

会話を広げようという意識もなく「そうなんですね」など差し障りのない相づちを打って終わらせてしまうこともあります。

自分の世界を大切にしている

独自の世界を持っており、それを大切にしている人が多いのも特徴です。

例えば、仕事や趣味などに没頭している人は、それ以外のことに関心が向かなくなりがちです。興味の対象や世界観が独特で他人の理解を得にくいものだと、よりその傾向は強いでしょう。

没頭できるものを持っている人は、充実した毎日を送っていることも多く、人と深く関わらなくても心が満たされていることも関係しています。

寂しさなどを埋めるために人と関わる必要がないため、自然と無関心になってしまうこともあるでしょう。

周囲に優しくできる

無関心な人は、周囲に優しくできる傾向があります。

相手がどういう人かということに興味がないため、好き・嫌いといった個人的な感情で態度を変えることがありません。

誰に対しても同じ態度で接するので、周囲から「優しい」「いい人」と思われることも多いでしょう。

面倒なことや余計なことに巻き込まれたくないと感じることから、差し障りのない言動を心掛ける人も少なくありません。

理由はどうであれ、周囲からは『優しい人』と思われている場合がほとんどです。

無関心のメリット・デメリット

(出典) pexels.com

無関心には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?両方を把握して、今後に生かしていきましょう。

他人に煩わされず自由でいられる

人との関わりが欠かせないのが社会ですが、無関心でいることで、他人に煩わされずに自由でいられるのが大きなメリットです。

仕事でもプライベートでも、周囲の目を気にしすぎてしまったり、つい誰かと比較してしまったりして、心が乱されるということは少なくありません。

『自分はどうしたいのか』『自分はどう思うのか』にフォーカスして、自分のペースで過ごせるようになれば、ストレスが減り、心が安定した快適な毎日を送りやすくなるでしょう。

人間関係が希薄になることも

人に対して無関心でいると、人間関係が希薄になりがちです。周囲の人から距離を置かれて、会社の飲み会や女子会などに誘われなくなってしまうこともあるでしょう。

本人は人との関わりをなるべく避けたいと思う傾向があるため、気に留めないかもしれません。

しかし、何か困ったことや人の助けが必要なときに、誰も頼れる人がおらず、つらい思いをすることも考えられます。

特に、職場ではチームワークが大切です。自分だけではどうにもならない問題が発生することもあるので注意しましょう。

まとめ

無関心な人は、一線を引いた人付き合いや自分の世界を大切にしているのが特徴です。相手に興味がなく、個人的な感情に動かされないため、誰にでも平等に優しく対応できる人も多いでしょう。

他人に煩わされず自由でいられる一方で、人間関係が希薄になるというマイナス面も把握しておくことが大切です。