堅実女子ニュース&まとめ 「マスクと消毒液を忘れずに!」「休日は家でゴロゴロ」コロナ禍で使える英語フレーズ

新型コロナウイルス感染再拡大が深刻化している今年の夏。ちょっとした挨拶やSNS上の会話でも、コロナ禍ならではのフレーズが使われることが多くなっていますよね。

コロナ禍ならではのフレーズをチェックしていきましょう。

そこで今回は、コロナ禍で使える英語フレーズをチェック。「休みは家でゴロゴロしているよ」「マスクと消毒液を忘れずにね!」など、知っておくと便利なフレーズをご紹介します。

「ワクチンは受けましたか?」って英語で言える?

最近は挨拶代わりにこう尋ねられることが増えました。
「Have you been vaccinated?」
(ワクチンは受けましたか?)

接種を受けるかどうかは個人の自由なので、相手の意思を尊重し、聞くにしてもさらりと終わらせたいですね。

消毒は「sanitize」、消毒液は「sanitizer」

新型コロナウイルスの流行により、消毒液の需要が急激に高まりました。パンデミックが始まったころは、手に入れられないほどの品薄にもなったことも……。外出時の携帯も当たり前になり、現在では香り付きやデザインが凝ったものなどさまざまな商品が販売されています。

英語では、「消毒=sanitize」「消毒液=sanitizer」と言います。
家族や親しい人が出かけるときには、
「Don’t forget your mask and sanitizer !
(マスクと消毒液を忘れずにね!)
と声をかけてあげてくださいね。

衛生状態は「hygiene」

電車で使う“my つり革”やエレベーターのボタンに直接触れないようにするアイテムが発売されるなど、感染を防ぐために多くの人が特別な気遣いをようになりました。衛生管理は、感染拡大を防止するためにも非常に効果的です。

パンデミックの長期化による気持ちの緩みを防ぐためにも、お互いに声掛けをしていきたいですね。

例)We should perform hand hygiene frequently.
(頻繁に手指を清潔にしなければなりません)

1 2